PC用ゲームパッドの人気おすすめ10選2019

パソコン用として使えるゲームパッドは、多くは現行ゲーム機のXbox Oneのコントローラー、もしくはプレイステーション4のDualshock4に準じた形状になっています。大きな違いとしては、左手の親指を置きやすい位置にXboxではアナログスティック、プレイステーションでは十字キーが配置されていることです。

アナログスティックをメインに操作したい方ならXboxタイプ、十字キーもよく使うのであればDualshockタイプを選ぶようにすればいいでしょう。格ゲー(格闘ゲーム)では、パッドよりアーケードスティック使うことが一般的です。

PC用ゲームパッドのおすすめメーカー一覧

PC用ゲームパッドのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

PC用ゲームパッドのおすすめメーカー3つ
  • マイクロソフト
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • Logicool

マイクロソフト

ゲーム機のXboxシリーズをリリースしており、2代目のXbox360パッド以降、パソコン用ゲームパッドとしてスタンダードな地位を占めています。

非常に使いやすいアナログスティックをそなえ、多くの人にフィットする持ちやすい形状。ゲーム機用ということもあり耐久性も高く、現行のXbox Oneのパッドにいたるまで定番パッドの座を守り続けています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

いわずとしれたプレイステーションシリーズをリリースしているメーカーです。専用コントローラーであるDualshockシリーズは初代から基本フォルムを変えることなく、幅広い世代がなじんでいるコントローラーとなっています。

Xbox同様高い耐久性をほこり、伝統のセパレートタイプの十字キーも代を重ねるごとにチューンナップされ使いやすくなっています。PC用にかぎらず、ゲームパッドそのものの定番と呼べるシリーズです。

Logicool

キーボードやマウスをはじめ、多くのPC用周辺機器で知られているメーカーです。ゲームパッドも古くからリリースしており、主にDualshockライクなゲームパッドをラインナップしています。

形状や機能はベーシックですが、XboxのコントローラーやDualshockに比べれば安価で、コストパフォーマンスにすぐれたゲームパッドが多くなっています。とりあえず1台はゲームパッドを用意しておきたいという際にはおすすめのメーカーです。

PC用ゲームパッドの選び方

PC用ゲームパッドの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

PC用ゲームパッドの選び方3つ
  • ゲーム機用かPC用か
  • アナログ/十字のどちらを重視するか
  • 耐久性か価格か

ゲーム機用かPC用か

一般にゲーム機用のパッドの方がPC用のパッドより生産台数が圧倒的に多く、その分、スケールメリットにより良質なパーツをより多く使えるようになっています。一概には言えませんが、PC専用のパッドよりゲーム機用のパッドの方が品質・耐久性でも有利な場合が多いでしょう。

最近はXbox/プレイステーションともパッドの端子はUSBになっており、PCにもそのまま接続して使えるようになっています。ただし設定はPC上、さらに各ゲーム毎に行う必要があります。

アナログ/十字のどちらを重視するか

上でご説明しましたように、Xboxライクなパッドではアナログスティック、Dualshockライクなパッドでは十字キーが親指で一番操作しやすい位置に置かれています。

3Dタイプのゲームをプレイする場合はアナログ操作、アドベンチャーやシミュレーションなど非アクションタイプのゲームの場合は十字キーによるデジタル操作が主体となることが多いでしょう。よくプレイするゲームにあわせてパッドを選ぶようにしましょう。

耐久性か価格か

一般的に、ゲーム機用のパッドやPC用でも高級なパッドほど高品質なパーツが使われているため、耐久性の点で信頼性が高くなっています。逆に安価なパッドの場合は、耐久性の点ではやや不安があります。

しかしそれほどゲームをプレイしない場合、つまりそこまで高い耐久性を要求しない場合は価格を重視して選ぶのもひとつの考え方でしょう。最近は安価なゲームパッドでも高耐久性をうたう製品もあり、特にアナログがついていないデジタル操作専用のパッドでは非常に安い製品も増えています。

PC用ゲームパッドのおすすめ10選

PC用ゲームパッドのおすすめ10選を紹介します。

マイクロソフト ゲームコントローラー xbox one

最初に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「マイクロソフト ゲームコントローラー xbox one」です。

マイクロソフト ゲームコントローラー xbox oneの仕様・製品情報

サイズ 15.3×10.2×6.1cm
重量 231g
接続方式 USB、Bluetooth

マイクロソフト ゲームコントローラー xbox oneのおすすめポイント3つ

  • 360から引きつがれた良好な操作性
  • PCでもBluetooth接続可能
  • 多くのPCゲームがサポート

マイクロソフト ゲームコントローラー xbox oneのレビューと評価・評判

PCゲームパッドのスタンダード

PCゲームパッドのスタンダード、Xbox360のコントローラーの後継というべきXbox Oneのゲームコントローラーです。PCでもUSBケーブル、もしくはBluetooth接続で使用することができます。

前モデルの基本的な形状・キー配置を引きつぎ、細かい部分をよりブラッシュアップ。評価の高かったアナログの操作性や持ちやすさはそのままに、不評だった十字キーの操作性を大幅に改善しています。標準でサポートしているPCゲームも多く、現状のPCゲームパッドのスタンダードといえるでしょう。

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)」です。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥3,949 (2020/10/29 18:05:02時点 Amazon調べ-詳細)

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)の仕様・製品情報

サイズ 16.1×5.7×10cm
重量 約210g
接続方式 USB、Bluetooth

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)のおすすめポイント3つ

  • 初代PSから変わらぬ基本フォルム
  • PCでもBluetooth接続可能
  • 十字キーをよく使う人にも

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)のレビューと評価・評判

長年続くベーシックスタイル

Xbox Oneのライバル、プレイステーション4の標準コントローラーです。パソコンでもUSB接続・Bluetooth接続ともに使用することができます。

初代プレイステーションから受けつがれてきたベーシックな形状はそのままに、あらたにタッチパッドを搭載。近年主流となっているアナログスティックが上になっている配置ではなく十字キーが上配置になっているので、十字キーをよく使うというタイプのユーザーにもおすすめです。

Logicool F310r

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「Logicool F310r」です。

Logicool F310rの仕様・製品情報

サイズ 18.9×12.2×6.6cm
重量 281g
接続方式 USB

Logicool F310rのおすすめポイント3つ

  • アマゾンで約2,000円
  • Dualshockライクなベーシックな形状
  • FF XIV推奨パッド

Logicool F310rのレビューと評価・評判

安価でも信頼性のあるゲームパッド

PC用周辺機器でおなじみのLogicoolによる、約2,000円という安価なゲームパッドです。プレイステーションのDualshockライクなベーシックな形状で、人気のPCゲーム「ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア」の推奨パッドになっています。

なめらかな動きの十字キーに、背面スイッチでXinput/Directinputを切り替え可能。接続は有線のみですが、安価ながらも信頼性の高いゲームパッドです。

Logicool F710

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「Logicool F710」です。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥2,399 (2020/10/29 18:05:03時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool F710の仕様・製品情報

梱包サイズ 20×17×8cm
重量 422g
接続方式 USBレシーバー

Logicool F710のおすすめポイント3つ

  • 専用レシーバー付属
  • デュアルバイブレーションモーター搭載
  • 有線タイプと同等の価格

Logicool F710のレビューと評価・評判

2,000円以下のワイヤレスパッド

こちらはLogicoolのワイヤレスタイプのゲームパッドです。接続はBluetoothではなく、専用のUSBレシーバーで行います。

F310rと同じDualshockライクな形状に、定評のあるなめらかな十字キー。デュアルバイブレーションモーターを搭載し、迫力ある振動でプレイを盛り上げます。しかも価格はF310とほぼ同じ2,000円以下。とにかく1台ワイヤレスコントローラーを用意しておきたい人におすすめです。

エレコム JC-FU2912FBK

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「エレコム JC-FU2912FBK」です。

エレコム JC-FU2912FBKの仕様・製品情報

サイズ 6.4×16.1×9.8cm
重量 286g
接続方式 USB

エレコム JC-FU2912FBKのおすすめポイント3つ

  • アマゾンで1,500円以下
  • 300万回の耐久試験をクリア
  • キーボードーのキー割り当て機能つき

エレコム JC-FU2912FBKのレビューと評価・評判

高いコスパをほこるエレコムのゲームパッド

logicoolのパッドよりさらに安価な、アマゾンで1,500円以下という価格のゲームパッドです。安価なパソコン周辺機器でおなじみのエレコムがリリースしています。

これだけ安価でも、主要なボタンは300万回という耐久試験をクリア。12個のボタンすべてに連射を設定することができます。キーボードのキーをパッドに割り当てる機能もついており、ゲームパッドに対応していないゲームも操作可能。いかにもエレコムらしい高コスパな1台です。

エレコム JC-U4113SBK

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「エレコム JC-U4113SBK」です。

エレコム JC-U4113SBKの仕様・製品情報

サイズ 17.2×10.8×7.39cm
重量 約224g
接続方式 USBレシーバー

エレコム JC-U4113SBKのおすすめポイント3つ

  • ワイヤレスで2,000円代前半
  • 振動や連射にも対応
  • 中ぬき形状で軽く、汗がたまりにくい

エレコム JC-U4113SBKのレビューと評価・評判

安価なワイヤレスゲームパッド

こちらはエレコムのワイヤレスタイプのゲームパッドです。ワイヤレスでも、価格は2,000円代前半とかなりおさえられています。

ケーブル接続のJC-FU2912FBKほどではないものの十分な数のボタンをそなえ、振動や連射にも対応。各ボタンは300万回の耐久試験をクリアしています。グリップ部分が中ぬき形状になっており、パッドの重量をおさえ長時間のゲームプレイでも疲れにくくなっている上、汗がたまりにくくなっています。

Nuyoo PS4 コントローラー

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「Nuyoo PS4 コントローラー」です。

Nuyoo PS4 コントローラーの仕様・製品情報

サイズ 16.05×10.55×5.85cm
重量 260g
接続方式 USB

Nuyoo PS4 コントローラーのおすすめポイント3つ

  • Dualshock4同様パソコンでも使用可能
  • 織り目加工ゴムが使われたグリップ
  • 指がフィットしやすい十字キー

Nuyoo PS4 コントローラーのレビューと評価・評判

Dualshock4にひと工夫くわえたPS4パッド

サードパーティによるプレイステーション4用のゲームパッドです。純正のDualshock4と同じくPCでも使用することができます。

Dualshock4とほぼ同じルック&フィールにくわえ、グリップ部分には織り目加工のゴムが使われており、長時間使っても滑りにくくなっています。十字キーはDuslshockとちがってひと続きのパーツになっており、真ん中が大きく凹んでいるため、親指がフィットしやすい形状になっています。

EasySMX ESM-9100

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「EasySMX ESM-9100」です。

EasySMX ESM-9100の仕様・製品情報

サイズ 14.6×10.0×6.5cm
重量 275g
接続方式 USB

EasySMX ESM-9100のおすすめポイント3つ

  • 約2,000円でマルチプラットフォーム対応
  • 360パッドライクな十字キー
  • 特徴的な迷彩柄

EasySMX ESM-9100のレビューと評価・評判

安価なXboxタイプのゲームパッド

Xbox360/Oneのゲームパッドライクな形状をした、Windows/Android/PS3対応のゲームパッドです。十字キーはXbox Oneではなく360ライクなすり鉢状の形状になっており、指をすべらせるようにして操作できます。

特徴的な迷彩柄のデザインにくわえ、グリップにはすべり止めのゴムも配置。価格も約2,000円と、Xboxタイプのゲームパッドを安価に入手したい方には有力な選択肢となるパッドです。

Iseebiz レトロクラシック 2個セット

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「Iseebiz レトロクラシック 2個セット」です。

Iseebiz レトロクラシック 2個セットの仕様・製品情報

サイズ 16×10.5×3cm
重量 104g
接続方式 USB

Iseebiz レトロクラシック 2個セットのおすすめポイント3つ

  • 1,000円で2個セット
  • 軽いので疲れにくい
  • デジタル操作のみならおすすめ

Iseebiz レトロクラシック 2個セットのレビューと評価・評判

スーパーファミコンライクな安価なパッド

昔なつかしい、スーパーファミコンライクな形状をしたPC用ゲームパッドです。なんと1,000円で2個セット。2人で対戦したい場合にも、安価にパッドをそろえられます。

形状はあの持ちやすいスーパーファミコンのパッドそのまま。もちろん振動やアナログスティックはついていませんが、その分非常に軽量にできており、長時間持っても疲れにくくなっています。デジタル操作のみのゲームをプレイするなら、重宝するパッドです。

Xbox 360 ワイヤレス コントローラーSE

次に紹介するおすすめのPC用ゲームパッドは、「Xbox 360 ワイヤレス コントローラーSE」です。

Xbox 360 ワイヤレス コントローラーSEの仕様・製品情報

サイズ 24.0×17.0×6.4cm
重量 521.64g
接続方式 USBレシーバー

Xbox 360 ワイヤレス コントローラーSEのおすすめポイント3つ

  • 360パッドのセカンドエディション版
  • モードを切り替えられる十字キー
  • 高級感あふれる外観

Xbox 360 ワイヤレス コントローラーSEのレビューと評価・評判

高級仕様の360ゲームパッド

長らくPC用ゲームパッドの定番となっている、Xbox360用のゲームパッドです。こちらは高級仕様のセカンドエディション版となっています。

不評だった十字キーが改良されており、キーを回転させることで2つの入力モードを切り替え可能。高級感のある外観に加え、多くのPC用ゲームで最初からサポートされており、十分現役で使うことができます。発売から時間が経った今もなお、PC用ゲームパッドの傑作といえる存在です。

PC用ゲームパッドのまとめ

ゲームパッドはPC用の入力機器の中でも、ハードな使用に耐える必要がある製品です。安価な製品から高級品までさまざまなパッドが販売されていますが、価格差はほぼそのまま耐久性の差に反映されているといってもいい過ぎではないでしょう。

プレイしたいゲームにあわせるのに加え、どのくらいゲームをプレイするかを考えて選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です