Beatsイヤホンの性能から評価まで徹底解説、選りすぐり5つを紹介!

コストパフォーマンスに優れるエントリーモデルの他に、カラーバリエーションが豊富なBluetoothのワイヤレスモデル、音質にもこだわりぬいたハイエンドモデルまで様々ご紹介します。
Beatsの製品をイヤホンを中心にヘッドフォンも含めて、それぞれのモデルの細かい仕様についてもわかりやすくご説明します。

Beats(ビーツ)のイヤホンの特徴

Beats(ビーツ)のイヤホンの特徴を3つ解説します。

Beats(ビーツ)のイヤホンの特徴3つ
  • 人間工学の観点からも優れたデザイン性
  • アップル製品都の高い親和性
  • 心に響く重低音

人間工学の観点からも優れたデザイン性

Beatsは、多くの海外の有名人がファッションアイテムとして使うほどおしゃれなデザインです。
人間工学に基づいた機能的な美しさを兼ね備え、スポーツシーンでももちろん、日常の生活ではポップで多様なカラーバリエーションのイヤホンはアクセントとなりえます

またほかのオーディオブランドに比べて、世間(オーディオに詳しくない層)からもおしゃれでかっこいいと認知されているほど高いブランド力とデザイン性をもつイヤホンが特徴といえます。

アップル製品の高い親和性

搭載チップが「Apple W1チップ」等であるため、Apple製品とのペアリングが大変便利です。
iPhoneやApple Watchなどに近づけるだけで接続できるため、煩わしい手間もなく、またハードウェア、ソフトウェアなどの相性問題もありません。

またBeatsとは、Dr.Doreという伝説のヒップホッパーで、音楽のプロデュースもしていた人物がAppleの幹部とともに立ち上げたブランドです。その後Apple米国本社が買収した結果、現在はApple傘下にあります。買収以前は音質に関する難点がよく問題視されていましたが、親会社の圧倒的なリソースのおかげか、デザインはそのままに、高品質な音を奏でるイヤホンへと作り変えることに成功した経緯があります。

心に響く重低音

ヒップホップやEDMが好きな方には、いち推しできるブランドです。ヘッドフォンが再現するような空間が揺れる重低音を響かせます。重低音域(~30Hz)をブーストする機能が搭載されているためにイコライザーなどで調整することなく、グルーブ間のあふれる音を体感できます。

ワイヤレスモデルは規格やバッテリーの影響で控えめなつくりにはなっていますが、それでもタイトにしまった重低音が感じられる仕様になっています。

Beats(ビーツ)のイヤホンのデメリット

Beats(ビーツ)のイヤホンのデメリットを2つ解説します。

Beats(ビーツ)のイヤホンのデメリット2つ
  • 価格が安いとは言えない
  • 重低音が強いだけに聴き疲れする

価格が安くはない

Appleのブランドということもあり、手を出しやすい価格とは言えません。
圧倒的なブランド力と価格を忘れさせる魅力的なデザインで商売をしていることと、音質よりは持つことへのステータスを重視する人をターゲットにしています。そうした意味で音質に対してのコストは良いとは言えません。

3千円ほどでも、Beatsのミドルレンジモデル相当の音が出るブランドもあります。ただ裏を返せば、それだけ多くの人を惹きつけ、憧れのあるブランドだとも言えます。コストを考えないか、もしくは高くてもかっこいいファッショナブルなアイテムが欲しい方にはおすすめできます。

また中学生高校生へのプレゼントとしては最高です。トレンディなアイテムに敏感な学生にはウケるでしょう。

重低音が強いだけに聴き疲れする

Beatsの重低音はタイトでしまった音です。ワークアウト用のイヤホンも展開しているため、テンションが上がりモチベーションアップにつながるような音質です。
音圧がそれなりに高く、一聴するとその包まれる感覚に感動しますが、これが聴き続けるとなるとストレスに感じる人もいるようです。

音量にかかわらず、エレベーターで下の階に降りたときの気圧変化を、常時感じてしまうといった声もあるようです。試聴してみたり、友人に貸してもらうなどをして耳にあうかを確認することが大切です。

Beats(ビーツ)のイヤホンはこんな人におすすめ

ファッションアイテムとしてかっこいいイヤホンが欲しい方やEDMやロックなど、重低音で盛り上がるのが好きな方には、間違いなく推せるブランドです。
またランニングやトレーニング中に使えるイヤホンとしても有能です。フィット感抜群の躯体と、ビビットなカラーでトレーニングウェアにも映えます。
有名なプロスポーツ選手が監修していることもあって、そうしたスポーツシーンへのマッチは最高といえるでしょう。

また前述のように学生へのプレゼントにもよいです。スポーツをする男の子はもちろん、女の子にもこうしたアイテムはコーデのアクセントになるため好まれたり、また学生服にも似合うものもあります。ぜひ誕生日プレゼントとして検討してみてください。

Beats(ビーツ)のイヤホンの主なシリーズ

Beats(ビーツ)のイヤホンの主なシリーズ3つと特徴や評価を解説します。

Beats(ビーツ)のイヤホンの主なシリーズ3つ
  • Powerbeats
  • Beatsx
  • urBeats

PowerBeats

これは耳掛けタイプのワイヤレスモデルであるPowerBeatsとフルワイヤレスモデルのPowerBeatsProの2つのラインナップがあります。
両方のモデルともに、長時間の連続再生に耐えるバッテリーを積んでいます。

スポーツシーンに対応するように設計されており、宙返りを伴う動きをしても耳から落ちません。また数分充電するだけで、一時間前後再生できるFast Fuel機能を搭載しており、充電し忘れて使えない!ということはなくなります。

また豊富なカラーラインナップによりファッションアイテムとして個性的な色を選ぶことも可能です。また音質にも優れ、ワークアウトでの最高のパートナーになるでしょう。。

BeatsX

BeatsXは実はシリーズの名前ではありません。Beatsのワイヤレスのエントリーモデルです。PowerBeatsに比べて耳に入れる躯体が小さくコンパクトです。マイクが付属しているため通話や、コントローラーによる曲の一時停止などもの操作も可能です。

またFastFuels機能により5分の充電で2時間の再生が可能になっています。BeatsモデルでBluetooth搭載モデルが欲しい方にはおすすめのイヤホンです。

urBeatsシリーズ

Beatsが出す唯一のオーディオプラグ対応のイヤホンです。断線しにくく絡まりにくいケーブルを採用しており、Beatsらしい音を奏でる一方で、7000円ほどのコスパに優れた商品になっています。
現在シリーズは3世代まで出ていますが、人気は健在で今でも根強い人気を持っています。2世代の型落ちモデルは安くなっているため、試して見るのもよいかもしれません

Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ5選

Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ5選を紹介します。

PowerBeats

最初に紹介するおすすめのBeatsイヤホンは、「PowerBeats」です。

PowerBeatsの仕様・製品情報

連続再生時間 最長15時間
Fast Fuel機能 有 5分の充電で一時間の再生
マイクの有無 有 音量のコントロールが可能
質量 項目4の情報
防水機能 耐汗/防沫仕様

PowerBeatsのおすすめポイント3つ

  • 洗練されたデザイン
  • ダイナミックな音域とパワフルなサウンド
  • 連続再生15時間の大容量バッテリー

PowerBeatsのレビューと評価・評判

スタイリッシュなデザインとパワフルなサウンドを楽しみたい方

Beatsのワイヤレスモデルの中のミドルクラスモデルです。最長で15時間というワイヤレスイヤホンの中でも驚異的なバッテリー持ちを実現させている一方で、防滴仕様で、またフィット感に優れ、加速度センサーを搭載しているためスポーツシーンでも広く活躍します。
音はBeats特有の重低音はそのままに、バランスに優れた力強いサウンドを実現しています。カラーバリエーションは清潔感のあるホワイト、シックでしゃれたブラック、ビビットなレッドの三色を展開しています。

PowerBeats Pro

次に紹介するイヤホンは、「PowerBeatsPro」です。

PowerBeats Proの仕様・製品情報

連続再生時間 9時間の連続再生
Fast Fuel機能 有 5分の充電で90分の再生が可能
マイクの有無 有 イヤーパッドに搭載
質量 20.3g
防水機能 耐汗/防沫仕様

PowerBeats Proのおすすめポイント3つ

  • フルワイヤレスで抜群のフィット感
  • ダイナミックな音域とノイズアイソレーション
  • 豊富なカラーバリエーション

PowerBeats Proのレビューと評価・評判

フルワイヤレスで音質とデザイン性を兼ね備える名機

最大の特徴としてフルワイヤレスであることです。運動時にケーブルに一切囚われずに、そして人間工学に基づいたデザインによりフィット感もずば抜けており、ワークアウト中に落とすことはありません。運動時のイヤホンを探している方にはベストマッチです。
また音質やフィット感、個性などを全て求める方にはおすすめです。
重みのある重低音と、バランスの取れてしまった中高音域はポップスやEDMに向いています。
バッテリーは連続再生時間9時間で、付属の充電ケースを併用することで24時間以上の再生が可能になっています。一日程度の充電のし忘れは問題にならないこともメリットです。ブラックやアイボリーなどのベーシックな色から深いくすみのあるモスや、ネイビーといったラインナップが展開されています。音質やフィット感、個性などを全て求める方にはおすすめです。

urBeats3

次におすすめするイヤホンは、「urBeats3」です。

urBeats3の仕様・製品情報

連続再生時間 有線のため無
Fast Fuel機能 有線のため無
マイクの有無 有 リモコン部にあり
質量 記載なし
防水機能 無し

urBeats3のおすすめポイント3つ

  • 手の出しやすい価格
  • 優れた音響設計
  • シックでしゃれたデザイン

urBeats3のレビューと評価・評判

手に取りやすい価格でかっこいいイヤホンは欲しい方に

レーザー によって高精度に設計されたスピーカー部から出力される微気圧調整の低音域と、二腔式の音響設計により、優れた音質でBeatsらしい音を楽しめます。光沢のあるスタイルと人間工学に基づくフィット感あるデザインはおしゃれです。またマグネット式のイヤーパットとフラット構造のケーブルによりモビリティの観点も優れています。4種類のイヤーチップにより快適なつけ心地 とノイズアイソレーションが実現されています。
バッテリーの心配がなく、また非常にタフなつくりになっているため日常使いに向いています。またアイコニックなデザインなので中学生などへのプレゼントにも最適です。

Solo Pro

次に紹介するBeatsのヘッドフォンは、「Solo Pro」です。

Solo proの仕様・製品情報

連続再生時間 40時間(ノイズキャンセリングオフ)
Fast Fuel機能 10分で3時間の再生
マイクの有無
質量 267g
防水機能

Solo Proのおすすめポイント3つ

  • ノイズキャンセリング機能で音楽に没頭できる
  • 連続再生時間40時間という驚異のバッテリーもち
  • 長時間つけていても快適なデザイン

Solo Proのレビューと評価・評判

周囲の音に煩わされずに迫力のサウンドに没頭できる

Solo ProはBeatsの中でもハイエンドのヘッドフォンです。強力なノイズキャンセリング機能により周りの環境によらずに、音楽の世界観に浸れます。またノイズキャンセリング機能をオンにした状態では22時間の駆動を、オフの場合は40時間再生が可能という充電問題からも解放されます。一方で外部音取り込みモードにすることで、音楽を聴きながら周囲の環境に気を配ることも可能です。外で利用することも、室内で使用することもできるマルチユースのできる優秀なヘッドフォンです。Proと冠するだけあって、音質はBeatsらしいタイトで沈み込む重低音とまとまった中高音域を聞かせてくれます。カラーバリエーションは5色の展開で、マットなテクスチャーでスタイリッシュなデザインです。

Beats Solo3 Wireless

次におすすめするBeatsの製品はヘッドフォンの「Beats Solo3 Wireless」です。

Beats Solo3 Wirelessの仕様・製品情報

連続再生時間 40時間
FastFuel機能 有 5分で3時間の再生
マイクの有無 有 ビームフォーミングマイク
質量 215g
防水機能

Beats Solo3 Wirelessのおすすめポイント3つ

  • サウンドを追求したデザイン
  • 圧倒的なバッテリーもち
  • 光沢感ある洗練されており、モビリティにもすぐれたデザイン

Beats Solo3 Wirelessのレビューと評価・評判

世界が認めたBeatsサウンドを味わえるコスパに優れたヘッドフォン

最長40時間の大容量バッテリーと、Apple W1チップによりシームレスなワイヤレス接続が可能になっています。細かいチューニングと幅広い音域でクリアなサウンドを実現しており、またクッション付きのイヤーカップは長時間のリスニングでも快適です。9色のカラーバリエーションは色の選択肢が多いBeats製品のなかでも、一段と多く、音質とファッションアイテムどちらもハイレベルに満たす逸品です。一方でスペックは高いものの価格は高くないため、ヘッドフォンのなかではコスパのよい商品といえるでしょう。通学や通勤時のヘッドフォン探している方にはもちろん音質を求める方も満足できます。

Beats(ビーツ)のイヤホンのまとめ

イヤホンを中心に現在販売されている商品を紹介してきましたが、型落ちモデルや製造中止したモデルも、多く市場に出回っているためそちらも検討してみてください。全体的にデザイン性の優れた製品が多いBeatsですが、自分の個性にあった色を探し、それを身につけてワークアウトすることでモチベーションが上がる事でしょう。ぜひお気に入りの製品を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です