13インチのノートパソコンの人気おすすめ5選【最新2020年】

13インチのノートパソコンを販売しているメーカーはdell、Microsoft、Apple、hp、レノボ、NECなどたくさんあります。その中でも特におすすめするMicrosoft・レノボ・エイスースの3社の特徴と、今の時期に新しく買うのにぴったりなノートパソコン10選も紹介します。CPU、メモリ、ストレージ、世代、GPUなどパソコンを選ぶ際に最低限必要な知識も一緒に紹介しつつ、13インチのノートパソコンのメリット・デメリットも紹介します。まずはノートパソコンについて少しだけ知ってから自分の使い方にあった製品をおすすめ5選の中からさがしてみましょう。

13インチのノートパソコンのメリット

13インチのノートパソコンのメリットを3つ解説します。

13インチのノートパソコンのメリット3つ
  • 持ち運びがしやすい
  • 作業するのにちょうどよい画面の大きさ
  • 商品のラインナップが多い

持ち運びがしやすい

13インチのノートパソコンは1.0㎏~1.5㎏の重さの商品が多いです。15インチや17インチといった液晶サイズが大きいノートパソコンの場合どうしても重くなってしまうので、カバンに入れるのが大変になるだけでなく、リュックに入れて背負うと肩こりの原因になることもあります。その点13インチのノートパソコンならカバンのなかでスペースをとることもないですし、身体に負担をかけることなく持ち運ぶことができます。

作業するのにちょうどよい大きさ

持ち運びやすさだけを重視するならば画面のサイズは極力小さくした方がいいと考える人もいます。しかし、11インチ以下になるとたしかに重量は1㎏をきりますが、画面のサイズが小さくなった結果文字が見づらくなってしまいます。文字が見づらくなると画面に顔を近づけることになり、無意識のうちに姿勢も悪くなってしまいます。そのため、一番自然に画面の文字を見ることができ、作業効率を落とさずに持ち運びやすさも考えるならば13インチのノートパソコンがおすすめです。

商品のラインナップが多い

持ち運びやすさと適度な画面の大きさを兼ね備えた13インチのノートパソコンは、多くの方に人気のため各社が力をいれて作っている傾向にあります。大学に入学するときに生協がおすすめするパソコンも13インチであることが多いです。そのため色やフォルムなどの細部にまでこだわりがある方は13インチのノートパソコンから探せば見つかる確率は非常に高いでしょう。

13インチのノートパソコンのデメリット

13インチのノートパソコンのデメリットを2つ解説します。

13インチのノートパソコンのデメリット2つ
  • 動画視聴をするには少し小さい画面
  • 初心者が自分にあったものを見つけるのが難しい

動画視聴をするには少し小さい画面

WordやExcelといったレポート関係の作業をする際には13インチのノートパソコンは問題ありません。しかし、YouTubeやNetflixなどの動画をみるときは少し小さく感じてしまう大きさです。画面の大きさと動画の迫力は比例するものなので、映画やドラマも観たい方は少し重たくはなってしまいますが15インチや17インチのノートパソコンのほうがいいです。ただし、動画の画質や読み込み速度は基本的に変わらないので、多少画面が小さくてもよいなら13インチのノートパソコン一択です。

初心者が自分にあったものを見つけるのが難しい

先ほど述べたメリットの中で商品のラインナップが豊富であることを取り上げましたが、それと表裏一体の関係でデメリットとして初心者には選ぶのが難しいことも挙げられます。家電量販店に並んでいるノートパソコンの中で一番多いのは13インチのノートパソコンです。商品のすぐ近くに詳しいスペックが書かれている紙がありますが、正直ノートパソコンを買ったことがない初心者の方には何が違うのかわかりません。しかしこのデメリットに関してはこの記事を読んでおすすめの商品や選ぶポイントを理解すれば問題ないです。

13インチのノートパソコンはこんな人におすすめ

13インチのノートパソコンは外出の際にパソコンを持ち運ぶことが多い人におすすめです。最近はマクドナルドやスターバックスのように店内でWi-Fiが利用できる店舗が増えているので、気分転換に外でパソコン作業をしたいと考えている方は、持ち運びやすさとちょうどよい画面サイズという2つの長所をもつ13インチのノートパソコンを買うことをおすすめします。

13インチのノートパソコンのおすすめメーカー一覧

13インチのノートパソコンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

13インチのノートパソコンのおすすめメーカー3つ
  • マイクロソフト(Microsoft)
  • エイスース(ASUS)
  • レノボ(Lenovo)

マイクロソフト(Microsoft)

マイクロソフトといえばSurface Proなどのタブレット型ノートパソコンを販売している会社で有名です。製品の特長として画面とキーボードを分離して使うことが挙げられます。大学生協が入学する大学一年生におすすめする商品として販売されているので信頼度はまちがいありません。さらにWindowsのパソコンは見た目がかっこよくないといわれている中、とてもおしゃれな製品を作っている会社といえます。

エイスース(ASUS)

エイスースは台湾の台北市に本社を置くメーカーです。エイスースはパソコンよりもゲーミングモニターで名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。エイスースの長所は機能が豊富なことと、他社製品に比べて性能がやや高いことがあげられます。コストパフォーマンスも良いので綺麗な液晶のノートパソコンを探している方にはおすすめできます。

レノボ(Lenovo)

IdeaPadやThinkPadといったpadが名前につく製品を売っているレノボですが、海外産のノートパソコンのなかでもかなり評価が高いです。価格ドットコムの人気売れ筋ランキングをみてもいつも上位にたくさんのレノボの製品があります。レノボの特徴はコストパフォーマンスの高さ。5万円もあれば十分なスペックのノートパソコンを買うことができます。パソコンにそこまでお金をかけたくない方には一番おすすめします。

13インチのノートパソコンの選び方

13インチのノートパソコンの選び方を以下の6つのポイントから解説します。

13インチのノートパソコンの選び方6つ
  • CPU
  • GPU
  • ストレージ
  • メモリの容量
  • バッテリーの駆動時間も大切
  • Officeソフトがついていると便利

CPU

CPUとはパソコンの脳のことを意味します。パソコンで作業をする際にあらゆる処理をCPUが行っています。そのためこの性能が高いほうが難しい処理もしやすくなるので作業効率もあがります。性能の見方はIntel製の場合、「Core i〇」の〇の部分に書かれている数字で判断できます。数字が大きいほど性能が良いことを意味します。AMD製の場合「Ryzen 〇」の丸の部分に書かれている数字が大きいほど性能が良いです。Intel製・AMD製のどちらを選ぶかまよったらIntel製を選びましょう。コスパが良いのは「Core i5」です。

GPU

CPUがあらゆる処理を行う際のパソコンの脳だったのに対して、GPUは映像などの画像処理を専門とする脳のことを意味します。グラフィックボード(グラボ)の脳とも言われますが、簡単に言えばGPUの性能がよいほど画像や動画の品質が良くなるということです。13インチのノートパソコンの場合、製品によって大きな差はないのでCPUほど気にする必要はないです。

ストレージ

ストレージには大きく分けてHDDとSSDの二種類がありますが新しくノートパソコンを買うならSSDを選びましょう。HDDは昔のストレージのため壊れやすく、処理性能も遅くなります。同じノートパソコンでも、ストレージがHDDのほうが容量がSSDに比べて多いにもかかわらず価格が安いことがありますが、それはHDDが古いモデルだからです。快適に使うならSSD一択です。容量は256GBが一番コストパフォーマンスが良いですが、お金に余裕があれば512GBをおすすめします。

メモリの容量

CPUがパソコンの脳だったのに対して、メモリは机の広さにたとえられます。机が広いほどたくさんの資料を一度に見ることができるので効率はあがるのと同じように、メモリが大きいほどパソコンは同時に複数の作業を処理することができます。CPUの次に重要なポイントです。8GBが一番メジャーですが複数のブラウザを立ち上げたまま作業をすることが多い人は16GBをおすすめします。ただし、こまめに使わないアプリやブラウザを消せば8GBでも十分です。

バッテリーの駆動時間も大切

持ち運びに便利と言っている以上、バッテリーの駆動時間も非常に大切になります。このバッテリーの駆動時間は先ほど紹介したGPUと関係します。GPUの性能が高いと画面がきれいになりますが、その代わりにたくさんの電池を消耗するのでバッテリーの駆動時間は短くなります。なのであまりにGPUの性能がよいノートパソコンはバッテリーの駆動時間に注意しましょう。おすすめの駆動時間は10時間以上ですが、外で利用する時間が短い方は8時間でも十分です。

Officeソフトがついていると便利

WordやExcelというのはすべてのノートパソコンに最初からインストールされているわけではありません。ノートパソコンにはofficeソフトがあらかじめインストールされた状態で売られているものとそうでないものがあります。officeソフトはパッケージで別売りされているので、ノートパソコンを買った後でもインストールすることは可能ですが、最初から使うことが決まっている方はofficeソフトがついている製品のほうが安く買えるのでおすすめです。

13インチのノートパソコンのおすすめ5選

13インチのノートパソコンのおすすめ5選を紹介します。

Dell Inspiron14 5490

最初に紹介するおすすめのノートパソコンは、「Dell Inspiron14 5490」です。

Dell Inspiron13 5391の仕様・製品情報

CPU Core i5
質量 1.18kg
メモリ 8GB
ストレージ SSD256GB
バッテリー駆動時間 10時間

Dell Inspiron13 5391のおすすめポイント3つ

  • コスパが良い!
  • 起動時間が速い!
  • 見た目がかっこいい!

Dell Inspiron13 5391のレビューと評価・評判

10万円以下でバランスの良いノートパソコンを買いたいならこれ!

Dellのノートパソコンはコスパがいいのが特徴ですが、その中でもInspiron13 5391は特におすすめできます!CPUは一番メジャーなCore i5で最新の第10世代です。メモリも8GBありますしストレージもSSD256GBあるので十分快適に作業することが可能です。それだけではなく、デザインもアルミ素材で高級感があって、キーボードもサクサク打ちやすいので実用性も高いといえます。さらにパソコンを立ち上げるまでの時間も短いので、作業を始めたいと思ったときにイライラすることなくすぐに取り掛かることができます。もし、さらに値段を下げたい場合はCPUをCore i3に変えるだけで1万円以上安くできるので、パソコンでほとんど動画も見ることなく、レポートを書くくらいの方は8万円ほどで購入することが可能です。

ASUS ZenBook

次に紹介するおすすめのノートパソコンは、「ASUS ZenBook」です。

ASUS ZenBookの仕様・製品情報

Core i5

CPU
質量 984g
メモリ 8GB
ストレージ SSD512GB
バッテリー駆動時間 9.6時間

ASUS ZenBookのおすすめポイント3つ

  • 1㎏を切る軽さ!
  • SSD512GBでサクサク動く!
  • 画面がきれい!

ASUS ZenBookのレビューと評価・評判

サクサク作業したいならASUS ZenBook

ASUS ZenBookの特徴はまず、非常に軽いことです。13インチのノートパソコンといっても軽いものから重いものまでで大体500gの差がありますが、ZenBookはその中でも一番軽い分類のノートパソコンです。重さが1㎏を切っているノートパソコンは希少です。次にSSDが512GBあるので動作がとても快適です。パソコンの起動時間も速いです。また、以前にはAmazonのタイムセールで2万円以上お得になっていたこともあるので、今後も値下がりに期待することができます。13インチのノートパソコンの一番の特徴である持ち運びやすさを最大限に生かすなら1㎏を切っていて、さらに動作も快適に動かせるASUS ZenBookをおすすめします。

NEC LAVIE Hybrifd ZERO HZ550

次に紹介するおすすめのノートパソコンは、「NEC LAVIE Hybrifd ZERO HZ550」です。

NEC LAVIE Hybrifd ZERO HZ550の仕様・製品情報

CPU Core i5
質量 1.67kg
メモリ 8GB
ストレージ SSD256GB
バッテリー駆動時間 8時間

NEC LAVIE Hybrifd ZERO HZ550のおすすめポイント3つ

  • 充実したサポート体制
  • officeソフト付き
  • オーソドックスな性能

NEC LAVIE Hybrifd ZERO HZ550のレビューと評価・評判

困ったときに電話したいならNEC

国内メーカーのNECですが、特徴として充実した電話サポート体制があげられます。パソコンを初めて買って初期設定の方法がわからなかったり、ウイルス対策のソフトの入れ方がわからない時に自分で調べるのが難しいこともあります。その時にNECのサポートセンターに電話で質問すれば丁寧に教えてもらうことができます。また、最初からofficeソフトもインストールされているので、WordやExcel、PowerPointを大学や職場ですでに使うことが決まっている人は安く購入できるのでおすすめですし、スペックに関してもCPUがCore i5,、メモリ8GB、ストレージ256GBといったオーソドックスなものなので問題なく使うことができます。海外メーカーだと不安な方におすすめの製品です。

hp ENVY x360 13

次に紹介するおすすめのノートパソコンは、「hp ENVY x360 13」です。

hp ENVY x360 13の仕様・製品情報

CPU Ryzen 5
質量 1.28kg
メモリ 8GB
ストレージ SSD256GB
バッテリー駆動時間 14.5時間

hp ENVY x360 13のおすすめポイント3つ

  • ウッド調でかっこいい!
  • フルHDでタッチパネルディスプレイ!
  • バッテリー駆動時間が長い!

hp ENVY x360 13のレビューと評価・評判

周りと差別化したいならhp

hp ENVY x360 13の特徴として、キーボード周りの見た目の良さがあげられます。ウッド調でとても落ち着いた印象を与えます。次にフルHDでタッチパネルにもなるディスプレイの使いやすさがあげられます。タブレット感覚で使うこともできますし、画質も非常にいいので少し画面は小さいですが他の13インチのノートパソコンに比べて動画視聴が快適になります。またバッテリー駆動時間が14.5時間という驚異的な長さなのも見どころです。外に持ち運んで一日中充電しないで使っても大丈夫なように設計されているので、外で使う時間が長い方にはおすすめです。

Lenovo IdeaPadS540

最後に紹介するおすすめのノートパソコンは、「Lenovo IdeaPadS540」です。

Lenovo IdeaPadS540

CPU Ryzen 5
質量 1.5kg
メモリ 8GB
ストレージ SSD256GB
バッテリー駆動時間 10時間

Lenovo IdeaPadS540

  • 圧倒的な安さ
  • 金属製の高級感あふれるボディ!
  • 良質なサウンド!

Lenovo IdeaPadS540

圧倒的安さで選ぶならIdeaPad

最後に紹介するのがLenovo IdeaPadS540ですが、圧倒的な価格の安さが一番の魅力です。他のノートパソコンが約10万円前後だったのに対して、Lenovo IdeaPadS540は約7万円で買うことができます。にもかかわらず、見た目が金属製で高級感が感じられたりサウンドや画質も良いので安っぽくないのがいいです。重さは1.5kgなので13インチのノートパソコンの中でも重たい分類にはなりますが価格のことを考えれば妥当です。外に持ち運ぶ機会がそこまで多くなく、パソコンにかける費用を極力抑えつつも動作は快適にしたい方におすすめです。

13インチのノートパソコンのまとめ

13インチのノートパソコンのメリット・デメリットや選び方をもとにおすすめの商品5選を紹介しました。パソコンのスペックについては細かいところまでみるときりがないので、まずはこの記事に書かれている情報を参考にして選んでいただくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です