お絵かきに最適なタブレットの人気おすすめ10選

まずお絵描きに使用する際のタブレットとしての欲しい機能、特徴を搭載しているメーカーを3つ紹介します。またタブレットの価格にはタブレットでのお絵描きを気軽に始めやすい安価なものから機能を多く積んだ高価なものまで様々あります。

お絵描きに使用するペンの性能やタブレットに搭載されているOSによる違い、ストレージやメモリ、CPUなどの実際のお絵描きをするときのタブレットの動作に関わる部分から用途や目的別に紹介します。

お絵かきに最適なタブレットに欲しい機能や特徴

お絵描きに最適なタブレットに欲しい機能や特徴として筆圧感知の機能が必須です。筆圧感知とは、紙に書いているときに筆圧により線の濃さ、太さが変わるように、タブレット上でもペンで書く筆圧により画面上に出てくる線の濃さ、太さが変わることです。

その精度もタブレットにより様々で筆圧感知の数値の大きく、正確な感度を持ったタブレットであれば、よりお絵描きの表現の幅が広がります。

お絵かきにおすすめのタブレットのメーカー一覧

お絵かきにおすすめのタブレットのメーカー3つと特徴や評価を解説します。

お絵かきにおすすめのタブレットのメーカー3つ
  • エイスース(Asus)
  • ファーウェイ(Huawei)
  • レノボ(Lenovo)

エイスース(ASUS)

エイスースは台湾のメーカーであり、タブレットやPCなど様々な電子機器を取り扱っています。エイスースのタブレットやPCは安価で性能も良いものも多く、初めてタブレットを買おうと思っている方には導入しやすくおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI)

ファーウェイは中国のメーカーですが、コストパフォーマンスが良いため日本でもとても人気のメーカーです。タブレットについては、安価でペン付属のものもあり、こちらも導入しやすくなっています。また、エンタメに力を入れており、音質などもこだわっているため、お絵描き以外にも楽しみたい方にもおすすめです。

レノボ(Lenovo)

レノボはビジネスシーンではよくノートパソコンなどが導入されるメーカーですが、タブレット、2in1タブレット PCも色々な種類があります。ペン付属のタイプやコストパフォーマンスの良いものも多いため、人気があることが多いです。

ちょっと変わった形のものもあるため、機種のデザイン性なども見たい方はこちらもおすすめです。

お絵かきにおすすめのタブレットの選び方

お絵かきにおすすめのタブレットの選び方を以下の6つのポイントから解説します。

お絵かきにおすすめのタブレットの選び方6つ
  • 予算から適切なタブレットを選ぼう
  • ペンの感知性能が重要
  • OSで選ぶ|Android・Windows・iOS
  • ストレージ|32GB以上を選ぼう
  • メモリの容量|8GB以上が目安
  • CPUもチェック

予算から適切なタブレットを選ぼう

お絵描きに適したタブレットの金額は安いものでは3万円台から高いものでは10万円以上するものもあります。

イラストを仕事にしているようなプロであれば、性能の良いある程度金額のかかるものを選ぶ方が良いですが、安いものでもきちんと選べば筆圧対応していたり、画質も良いものも多く、趣味や初めての方は安いものから挑戦して、複雑な機能を使用してお絵描きをしたり物足りなくなってきたら性能が更によいものを購入するのがおすすめです。

ペンの感知性能が重要

お絵描きで使用する場合、重要になるのはペンの性能とタブレットとの相性です。ペンの性能は筆圧をどれくらい感知してくれるかという点ですが、2048段階のものが最近多く、この性能だけでもペンの入り抜きを再現したり、初心者であれば、十分に楽しめます。

また、お絵描きに使用できるタブレットには初めからペンが付いていることもあり、その場合は相性は気にしなくても良いですが、追加で購入する場合はペンの感知方式(例:電磁誘導方式など)やペン先の形状も確認して購入しなければいざ買っても使えないということもあるため注意が必要です。

OSで選ぶ|Android・Windows・iOS

現在、タブレットのOSはAndroid、Windows、iOS(iPad)の3種類あり、それぞれ使いたいソフトやアプリによって選びます。AndroidやiOSのOSを選択した際はお絵描きに適したアプリをダウンロードして使用します。それに対して、Windowsを選択した際は通常のデスクトップやノートPCで使用しているソフトと同じものをインストールして使用することができます。自分が使用したいツールがアプリで配信されているのかソフトで配信されているのかは事前に確認してOSを選択することが重要です。

一例ですが、イラスト作成で有名な『CLIPSTADIO』はWindowsでは買い切りのものがありますが、アプリでは月額制しかなかったり、同じツールでもOSにより、仕様が変わることもあるので注意が必要です。

ストレージ|32GB以上を選ぼう

ストレージは記録できる容量のことです。お絵描きをしていくと、上手に描けた作品を保存することもあるかと思いますが、その際に記録容量が少ないと、せっかくの作品が保存できないなんてことになるかもしれません。おすすめは32GB以上のものです。

お絵描きにしか使用しないのであれば32GBで足りるという意見も多くありますが、その他(音楽や動画、ゲームアプリなど)も使用するのであれば32GBはすぐに埋まってしまうため、お金に余裕があれば、より多いストレージを選択することがおすすめです。またタブレットによってはSDカードなどで拡張できる場合もありますのでこちらもチェックが必要です。

メモリの容量|8GB以上が目安

メモリの容量についてはお絵描きをする場合は8GB以上あれば動作ももっさりすることなく使用できるようです。メモリが少なくても単純な絵、レイヤーなどをあまり使用しないのであれば、動作については気にならない程度です。

しかし、レイヤーを多く使用する少し凝った絵を描いたり、機能のたくさんあるソフトを使用する際にはメモリにも注意してタブレットを選択しないと動作が遅くなったり、ソフト落ちたり、お絵描きする際にパフォーマンスが悪くなるため、こちらもチェックが必要です。

CPUもチェック

CPUとは、ソフトウェアやハードウェアなどの処理を行う所ですが、その処理能力があまりないものだと使用したいソフトウェア自体の起動が不安定になることもあり、十分にお絵描きができなくなってしまうかもしれません。

Windowsにおいては一般的によくみるintelのCPUであればcorei5以上あれば大体の処理は行えるようなので、こちらも購入時、確認しておきたい項目です。Android、iOSの場合はお絵描き向けのタブレットを購入すればCPUについてはそこまで気にしなくてもよさそうです。また使いたいソフトがあらかじめ決まっていればそのソフトの推奨スペックも確認しておくと購入時参考になります。

お絵かきにおすすめのタブレット10選

お絵かきにおすすめのタブレット10選を紹介します。

【ASUS】 TranceBook Mini T103HAF

最初に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「TranceBook Mini T103HAF」です。

TranceBook Mini T103HAFの仕様・製品情報

画面サイズ 10.1インチ
解像度 1280×800ピクセル
OS Windows10Home
CPU Intel Atom
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
筆圧検知 1024段階

TranceBook Mini T103HAFのおすすめポイント3つ

  • 気軽に持ち運べる軽さ(870g)と薄さ(15.7mm)※本体+キーボード
  • 最大170°まで寝かすことができるキックスタンド付き
  • 1024段階の筆圧感知ができるASUS Penが付属

TranceBook Mini T103HAFのレビューと評価・評判

タブレットでのお絵描き初心者におすすめ、基本的な機能を持ち合わせたタブレット

TranceBook Mini T103HAFはお絵描きタブレットとして最低限必要なスペックを持ち合わせており、はじめからASUSPenが付属しているため、これから始めようという方におすすめです。キックスタンドも付いているため、タブレットを斜めに立てかけることもできるため、お絵描き時机に置いても楽な姿勢で書くことができます。

【HUAWEI】MediaPad M5 lite 10インチ

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「MediaPad M5 lite 10インチ」です。

MediaPad M5 lite 10インチの仕様・製品情報

画面サイズ 約10.1インチ
解像度 1920×1200ピクセル
OS EMUI 8.0 (Android 8.0ベース)
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコア
メモリ 3GB(リンク紹介スペック)/4GB
ストレージ 32GB(リンク紹介スペック)/64GB
筆圧検知 2048段階

MediaPad M5 lite 10インチのおすすめポイント3つ

  • 1920×1200の高い解像度で細部まで鮮やかに表現
  • クアッドスピーカー搭載でパワフル、臨場感溢れるサウンド
  • HUAWEI M-Pen lite スタイラスペン使用で2048段階の筆圧感知機能

MediaPad M5 lite 10インチのレビューと評価・評判

お絵描き以外にエンタメも楽しめる!

Media Pad M5 lite 10インチは、オーディオブランドのHarman Kardonによるチューニングとクアッドスピーカー(4方向のスピーカー)で音響にはとてもこだわって作られています。
お絵描きで使用する際もHUAWEI M-Pen liteスタイラスペンには2048段階の筆圧感知機能が搭載されており、より自然な感覚でお絵描きすることができます。長時間バッテリーも搭載しており、お絵描き以外にも動画や音楽も楽しみたい方にはとてもおすすめです。

【Lenovo】Yoga Book C930

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「Yoga Book C930」です。

(管理者メモ)ワードプレス内Rinkerにて入力

Yoga Book C930の仕様・製品情報

画面サイズ 10.8インチ
解像度 2560×1600ピクセル(1stディスプレイ・メイン画面)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Corem3/Corei5(リンク紹介スペック)
メモリ 4GB
ストレージ 128GB/256GB(リンク紹介スペック)
筆圧検知 4096段階

Yoga Book C930のおすすめポイント3つ

  • デュアルディスプレイを搭載
  • 超薄型軽量(薄さ9.9mm、質量775g)
  • 筆圧4096段階の高精度のLenovo Precision Penが使用できる

Yoga Book C930のレビューと評価・評判

見た目が個性的・ガジェット好きにもおすすめしたい2in1タブレット

Yoga Book C930は、折りたたんでタブレットとしても使用でき、キーボードを使用し通常のノートパソコンのようにも使用できる2in1のタブレットPCです。お絵描きで使用する際はキーボード部分をペンタブ(板タブ)のように使用できるため、これまでPCでペンタブを使用し、お絵描きをしていた人には感覚が似ているためおすすめです。

また、PCとしてのスペックも高性能なため、仕事など他のシーンにも幅広く活躍できそうです。

【ASUS】VivoTab Note 8

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「VivoTab Note 8」です。

VivoTab Note 8の仕様・製品情報

画面サイズ 約8インチ
解像度 1280×800ピクセル
OS Windows8.1
CPU インテル Atom プロセッサー Z3740
メモリ 2GB
ストレージ 64GB
筆圧検知 1024段階

VivoTab Note 8のおすすめポイント3つ

  • 軽量ボディで持ち運び楽々(薄さ10.95mm、重さ380g)
  • ワコム社製スタイラスペンが付属
  • オーディオテクノロジー「ASUS SonicMaster」で臨場感あふれるサウンド

VivoTab Note 8のレビューと評価・評判

持ち運び楽々、コンパクトで手軽にイラストが描ける

Vivo Tab Note8 は、少し前の機種ですが、出始めにはお絵描きタブレットとして人気がありました。

8インチサイズとコンパクトで軽いため、お絵描き時に片手で支えて描いても疲れが溜まりにくくなっています。またコンパクトながら、1024段階の筆圧感知も行えるため、持ち運んで外でお絵描きをしたい方やガッツリではなく軽く使用したい方におすすめです。

【ドスパラ】raytrektab DG-D10IWP2

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「raytrektab DG-D10IWP2」です。

raytrektab DG-D10IWP2の仕様・製品情報

画面サイズ 約10.1インチ
解像度 1920×1200ピクセル
OS Windows 10 Pro 64ビット
CPU インテル Pentium® Silver N5000
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
筆圧検知 4096段階

raytrektab DG-D10IWP2のおすすめポイント3つ

  • 筆圧4096段階のワコム製デジタライザーペンが付属
  • CLIPSTUDIO DEBUTのシリアルコードが付属
  • デジタライザーペンが限定の三菱鉛筆デザイン

raytrektab DG-D10IWP2のレビューと評価・評判

お絵描き用タブレットとして作られた高性能タブレットPC

raytrektab DG-D10IWPは、様々な発売されているメーカーのタブレットの中でもお絵描きをすることに特化して作られています。ペンの筆圧も4096段階とかなり精度も良く、メモリやストレージも多く、レイヤーも多く使用する絵の作成も可能になっています。

またイラストソフトであるCLIPSTUDIO DEBUTのソフトのシリアルコードも最初から付属されていますので、購入後すぐにお絵描きの環境も整えられるためおすすめです。

【Microsoft】Surface Pro 7

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「Surface Pro 7」です。

Surface Pro 7の仕様・製品情報

画面サイズ 約12.3インチ
解像度 2736×1824ピクセル
OS Windows 10 Home
CPU Corei3/Corei5(リンク紹介スペック)/Corei7
メモリ 4GB/8GB(リンク紹介スペック)/16GB
ストレージ 128GB(リンク紹介スペック)/256GB/512GB/1TB
筆圧検知 4096段階

Surface Pro 7のおすすめポイント3つ

  • ペンの性能、PCの性能ともに高い
  • タブレット本体にスタンドが付いている
  • MSOfficeの標準付属でビジネスシーンにも活用可能

Surface Pro 7のレビューと評価・評判

高性能タブレットPCでお絵描き以外の用途にも使用したい方へおすすめ

Surface Pro 7は、幅広いスペックが販売されており、使用シーンにより自分にあったスペックでの購入が可能です。Surfaceのペンは4096段階の筆圧感知と傾き検知が可能であり、性能が高くなっており、イラストの作成には向いています。

また背面にはスタンドが開くようになっており、お絵描き時に少し傾きをつけたり、描きやすい角度へ調整が可能になっております。また、キーボードやアクセサリー面も充実しているため、幅広いシーンで使用が可能になっています。

【Wacom】MobileStudio Pro 13

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「MobileStudio Pro 13」です。

MobileStudio Pro 13の仕様・製品情報

画面サイズ 約13.3インチ
解像度 2560×1440ピクセル
OS Wondows10
CPU インテルCorei7
メモリ 16GB
ストレージ 512GB
筆圧検知 8192段階

MobileStudio Pro 13のおすすめポイント3つ

  • 対応のWacom Pro Pen2で8192段階の筆圧感知が可能
  • 視差が少なく紙にペンで描いている感覚に似ている
  • 高い性能でプロ向けの創作アプリケーションも快適に作動

MobileStudio Pro 13のレビューと評価・評判

Wacomペンの技術をふんだんに取り入れたプロ向けタブレットPC

MobileStudio Pro 13はデジタライザーペンの技術でも有名なWacom社より発売されているタブレットです。そのため、ペンの性能はかなり高く、8192段階の筆圧感知と精度、レスポンスもこれまでの4倍の性能を有しているとのことです。

サイズもタブレットとしては少し大きめの紹介した13インチと別で15インチもラインナップしており、より細かい作業がしやすい環境になっています。ある程度、デジタルでのお絵描きに慣れて、イラスト制作を仕事にしているプロにもおすすめの商品です。

【LG】14T990-GA75J

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「14T990-GA75J」です。

14T990-GA75Jの仕様・製品情報

画面サイズ 約14インチ
解像度 1920×1080ピクセル
OS Windows10Home
CPU インテルCorei7
メモリ 16GB
ストレージ 256GB
筆圧検知 4096段階

14T990-GA75Jのおすすめポイント3つ

  • タッチパネルが高感度、高耐久性
  • 4096段階のLG StylusPenが付属
  • 最大23時間駆動の大容量バッテリーを搭載

14T990-GA75Jのレビューと評価・評判

高容量バッテリーで外出時にも安心な2in1タブレットPC

14T990-GA75Jは、72Whの大容量バッテリーを使用しているため、最大23時間の駆動を可能にしており、またCorning Gorilla Glass 5という高い耐久性をもったタッチパネルを採用しているため、外出時にも安心して使用しただけるモデルになっています。

またお絵描き時に重要なペンに関しても筆圧4096段階の検知や傾き検知など高性能なものがはじめから付属されておりますので、快適に描写が可能になっています。

【Apple】iPad第7世代(+ApplePencil第1世代)

次に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「iPad第7世代」です。

iPad第7世代の仕様・製品情報

画面サイズ 約10.2インチ
解像度 2160×1620ピクセル
OS iPad OS
CPU A10Fusion
メモリ 3GB
ストレージ 32GB/128GB
筆圧検知 非公開

iPad第7世代のおすすめポイント3つ

  • Appleブランドの様々なアクセサリーが使用できる
  • 低コストモデルがある
  • iPhoneやMacとの互換性が高い

iPad第7世代のレビューと評価・評判

Appleユーザーであればおすすめ、直感で使用できるタブレット

iPad第7世代は、Apple社のタブレットで使用方法はiPhoneと同様の操作であり互換性も高いため、Appleユーザーにはおすすめのタブレットです。また様々なスペックがあるためそれぞれの予算に合わせて購入が可能です。

こちらで紹介したiPad第7世代は一番低コストで購入できるタイプがあり、なおかつ専用のApplePencil(別売)が使用できるため、はじめてデジタルお絵描きを始める人にもおすすめです。Apple Pencilは専用であるため、とても描き心地良く、筆圧レベルは公開されておりませんが筆圧の感知もされますので、お絵描きにも適しているペンです。

【Apple】iPad Pro第4世代(+Apple Pencil第2世代)

最後に紹介するお絵描きにおすすめのタブレットは、「iPad Pro第4世代」です。

iPad Pro第4世代の仕様・製品情報

画面サイズ 約12.9インチ
解像度 2732×2048ピクセル
OS iPadOS
CPU A12Z Bionic
メモリ 6GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB
筆圧検知 非公開

iPad Pro第4世代のおすすめポイント3つ

  • コンピュータのように使用できる
  • より使いやすくなったApple Pencil第2世代が使用できる
  • 視差が少なく大画面で描きやすい

iPad Pro第4世代のレビューと評価・評判

高性能で高容量、プロも使用しているタブレット

iPad Pro第4世代は、iPadのシリーズの中でも飛び抜けて高性能なタイプで、コンピュータとしてビジネスシーンでも使用できるマルチなタブレットです。より使用しやすくなったApple Pencil第2世代はiPad Proのみ現在対応しています。

ペンへダブルタップすることにより、タブレットへの直感的な操作やタブレットとマグネットでひっつき持ち運びしやすく、またひっついている間ペンの充電もできるようになっています。iPad Proはイラストのプロの方の使用も様々な所で紹介されており、プロユースもできるタブレットになっています。

お絵かきにおすすめのタブレットのまとめ

以上、お絵描きにおすすめのタブレットを様々なメーカーから紹介しました。実際にタブレットでのお絵描きは紙と感覚が変わるため、初めての方は感覚を掴むためにも導入しやすい安価なものから挑戦し慣れることをおすすめします。

またある程度経験のある方は感度が更に良く、多くの機能を使用できるハイエンドなモデルを選択するとよりお絵描きの表現が広がるのではないでしょうか。もし可能であれば、最近はペンの試し書きもできる場合もあるので使用感などを購入前に試すために近隣の家電量販店などで実物を確認するのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です