【最新2020年】Bluetooth(無線)ノイズキャンセリングイヤホン最強おすすめ5選

どのメーカーのイヤホンが一番おすすめなのか?などメーカーの中でのイヤホンの機能についてのメリットやデメリットも含め、コスパ良好なイヤホンを紹介します。メーカーはSONY、BOSE、Dylan、beatsなど様々です。使用する目的は人それぞれだと思いますので、自分にあったイヤホンを見つけるために選びやすいように解説します。

ノイズキャセリングとは?

ノイズキャンセリングとは端的に言うと、周囲の音を遮断し、雑音などが聞こえづらくなり、自分の聞きたい音だけに集中できる機能です。電車や飛行機で移動が多い方で、騒音を遮断したい、と考えている方には特におすすめです。また音楽を聞かない状態でもノイズキャンセリングができますので、何も聞こえない状態で眠りにつきたい方や、いびきがうるさくて眠れない方にもおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンのメリット

ノイズキャンセリングイヤホンのメリットを3つ解説します。

ノイズキャンセリングイヤホンのメリット3つ
  • 仕事の効率が上がる
  • 移動時間が快適になる
  • 音楽を奥深くまで楽しめる

仕事の効率が上がる

カフェなどでちょっと仕事がしたい!そんな時に雑音があると集中できませんよね。

しかし、ノイズキャンセリングを使うと周囲の音が遮断され、仕事に集中することができ作業効率も上がります作業効率が上がると、時間に余裕も生まれてきて、自分が他にやりたいことなどができるようになってきますね。ノイズキャンセリングは使い方次第で時間の余裕もう見出します。

移動時間が快適になる

どこかに移動する時に、電車や飛行機に乗っていると雑音というものはつきものです。私も飛行機に乗る時はいつも騒音に悩まされていました。しかしノイズキャンセリング付きのイヤホンを購入した後、移動時間でも快適な時間を過ごせるようになりました。

ノイズキャンセリングで周りの雑音を遮断すると、快適な移動時間が過ごせます。

音楽を奥深くまで楽しめる

イヤホンが欲しい、または持っている方は音楽好きな方が多いのではないのでしょうか。

音楽好きな方にはぴったりです。ノイズキャンセリングを使うと、音楽だけに集中でき、楽器の細部の音まで聞き取ることもできるようになり、あなたが好きなアーティストやミュージックにどっぷりとつかることができますよ。

ノイズキャンセリングイヤホンのデメリット

ノイズキャンセリングイヤホンのデメリットを2つ解説します。

ノイズキャンセリングイヤホンのデメリット2つ
  • 耳が疲れる
  • 雑音が聞こえなさすぎて危険

耳が疲れる

ノイズキャンセリングをするにはどうしても耳に圧力がかかってしまうため、長時間使用すると、耳が疲れてきてしまう、ということがあります。特に耳に持病がある方などは数時間で耳が圧迫され、疲れてしまうこともあるでしょう。ノイズキャンセリングを解除できるイヤホンもあるので、適度に使い分けることもいいでしょう。

雑音が聞こえなさすぎて危険

ノイズキャンセリングを使っている時は、本当に周囲の物音が聞こえなくなります。それほどノイズキャンセリングという技術は素晴らしいということでもありますが・・・自転車の乗用中に使用するなどは危険です。ノイズキャンセリングが影響した事故なども起こっているので、周囲に注意しながら使うようにしましょう。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー一覧

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー3つ
  • SONY(ソニー)
  • Bose(ボーズ)
  • beats(ビーツ)

SONY(ソニー)

誰しもが知る有名メーカー、SONY。やはり有名なだけあって、良質なイヤホンが揃っています。特にデザインなどは非常に凝っているものが多く、デザイン重視で考えている方にはおすすめですね。値段が安いものでもコストパフォーマンスが優れているものが多く、失敗するケースが少ないです。

Bose(ボーズ)

音質を求めるならBoseがおすすめです。高音の抜けや低音、中音全てがイヤホンメーカーの中でも優れている印象を受けます。また、耐水性やハードワーキング向けのイヤホンも多々あるので、スポーツなど運動をしている時に使いたい!と言った目的向けの人にはぴったりのメーカーです。

beats(ビーツ)

beatsは、スマートフォンなどを購入した際に特典としてついてきて知っている方も多いのではないのでしょうか。beatsのイヤホンのデザインは、シンプルで非常にスタイリッシュなデザインをしているので、あまり派手じゃない方が好みな方にはおすすめのメーカーです。音質に関しては、重低音の音質がとても優れています。楽器の音などを聞いて耳コピがしたい!という方にはぴったりです。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方を以下の6つのポイントから解説します。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方6つ
  • 遮音性
  • 接続方法
  • 接続方法
  • 音質
  • 装着感

遮音性

遮音性に関しては、カナル型ではないイヤホンの場合、周りの音をシャットアウトする性能が、カナル型イヤホンと比べ劣ります。カナル型イヤホンとは、耳栓のような形状をしているイヤホンです。遮音性を求めるなら、カナル型イヤホンをおすすめしますが、耳が疲れやすくもあるので、あまり遮音性を求めないのであれば、カナル型ではないイヤホンをおすすめします。

接続方法

接続方法は、二種類あります。まず初めに説明するのが、有線での接続方法です。最近では無線タイプ(次の箇所で説明いたします。)が増えてきていますが、端子を接続して、音を聞きたいと言ったコアな方には有線接続がいいですね。

接続方法

上記でもチラッと記した通り、次は無線の接続方法を紹介いたします。無線タイプはBluetoothという機能を使って、電波で音を飛ばすタイプのことです。詳しい接続方法は各イヤホンそれぞれ違ってきますので、その際は自分で説明書を見ることになるでしょう。

しかし初心者の方も安心してください。最近では、ボタンを数秒押すだけで接続ができるイヤホンも増えてきたので、とても接続方法が簡単になってきています。

音質

音質は人それぞれ好みがあると思います。本当に音質だけを求める方はお店にいき、自分が考えているイヤホンを試聴することをお勧めします。もちろん価格が高くなるにつれて音質がよくなっていきます。しかし安いイヤホンでも音質がよく高いコストパフォーマンスを発揮する物もあります。イヤホン一つ一つで音質も異なってくるのでしっかりと検討していく必要があります。

装着感

装着感に関しては、自分の耳にイヤホンがフィットしていればするほど、はっきりとした音、さらには遮音性などに正確性が感じ取られます。また、イヤホンが自分の耳にフィットしていない場合、耳から外れやすくなるのでランニング中などにつけていると、損失の原因になるのでしっかりと自分の耳にフィットするタイプをお勧めします。

バッテリー

バッテリーに関しても、イヤホンそれぞれに違いはありますが、大体のイヤホンは数時間以上連続してご利用いただけます。さらにケースにいれるだけで充電されるので、どのイヤホンでも一日中余裕を持って使う事ができます。より長時間使っていたい、という方にはバッテリーの性能に特化したイヤホンもあるのでそちらもお勧めです。

Bluetooth(無線)ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ5選

Bluetooth(無線)ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ5選を紹介します。

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BK

最初に紹介するおすすめのPS4用ヘッドセットは、「Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BK」です。

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433Bの仕様・製品情報

商品重量 259g
カラー ブラック
梱包サイズ 8.2 x 17.2 x 18.2 cm
商品の寸法 幅×高さ 17.2 x 18.2 cm
メーカー型番 G433BK

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BKのおすすめポイント3つ

  • 圧倒的な音質
  • 気にならない軽さ
  • 持ち運びが楽

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BKのレビューと評価・評判

ゲームの中に溶け込める

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BKの他のヘッドフォンよりも優れている利点はなんと言っても軽さと蒸れなさです。一般的なヘッドフォンはつけていると蒸れたり、重さがどうしても気になってしまいますが、Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BKは、そんな悩みを解消してくれます。

さらに着脱式マイクを外す事ができるのでお出かけの時も十分に使えます。しかし音漏れが若干気になるので音漏れに気を遣っている方はご注意を。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

次に紹介するおすすめのワイヤレスイヤホンは、「ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3」です。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3の仕様・製品情報

発送重量 299g
連続使用可能時間 六時間
形状 完全ワイヤレス
ワイヤレス対応 ブルートゥース

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3のおすすめポイント3つ

  • 抜群の安定感
  • 驚異のバッテリー持続時間
  • 出し入れしやすいケース

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3のレビューと評価・評判

トップクラスのワイヤレスイヤホン

まずこの商品を買って損はないです。バッテリーの持続時間、ノイズキャンセリングの強さ、接続の安定感、どれをとってもイヤホンの中でもトップクラスです。ワイヤレスイヤホンでは、接続がぶちぶち切れることに不安を抱きますが、この商品は接続性の高い安定感が長所です。

しかし、やはりこれだけ性能がいいと値段がネックになってきます。財布に余裕がある人はかなりお勧めします。

【ANC】TaoTronics

次に紹介するおすすめのイヤホン、「【ANC】TaoTronics」です。

【ANC】TaoTronicsの仕様・製品情報

連続使用可能時間 15時間
ヘッドホンジャック USB
コントロールタイプ ボタンコントロール
形式 インイヤー

【ANC】TaoTronicsのおすすめポイント3つ

  • お手軽な値段
  • ボタン一つでモードチェンジ
  • 耳に負担が少ない

【ANC】TaoTronicsのレビューと評価・評判

これ以上ないコストパフォーマンス

【ANC】TaoTronicsはなんと言っても値段の安さが魅力的ですね。充電の長持ち機能やノイズキャンセリング機能がついてこの価格。【ANC】TaoTronics以上に優れたコストパフォーマンスはないですね。さらにはカナル型ではないので耳にあまり負担がかかりにくくなっています。

しかし、やはり値段が値段なので音質は一級品とは言えませんが、十分に満足できる音質を備えています。

Anker Soundcore Liberty Air 2

次に紹介するワイヤレスイヤホンは、「Anker Soundcore Liberty Air 2」です。

Anker Soundcore Liberty Air の仕様・製品情報

形式 完全ワイヤレスイヤホン
ヘッドホンジャック USB
形状 インイヤー
発送重量 381g

Anker Soundcore Liberty Air のおすすめポイント3つ

  • 優れたマイク機能
  • 抜群の重低音
  • 安心できる防水性

Anker Soundcore Liberty Air のレビューと評価・評判

クリアで正確な通話が可能に

Anker Soundcore Liberty Air の1番の長所は、通話中の音が非常にクリアで聞き取りやすく、ままた自分の声も相手に直接相手に会って話しているのと同じように綺麗に聞き取れます。仕事などでよく電話をする人は、携帯を取る必要なくボタン一つで通話に切り替えられるので、お勧めです。また、音質に関しては、非常に重低音がしっかりしています。

値段の割には高音質なので、音質に関してはなたまされることはないでしょう。こちらのAnker Soundcore Liberty Air も非常に高いコストパフォーマンスが魅力的です。

Apple AirPods Pro

最後に紹介するワイヤレスイヤホンは、「Apple AirPods Pro」です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥28,980 (2020/10/29 20:25:22時点 Amazon調べ-詳細)

Apple AirPods Proの仕様・製品情報

タイプ カナル型
接続タイプ ワイヤレス
重量 5.4g
装着方式 完全ワイヤレス
カラー ホワイト系

Apple AirPods Proのおすすめポイント3つ

  • 装着感を自分好みに
  • 全てがシンプル
  • 超安定の接続

Apple AirPods Proのレビューと評価・評判

史上最高の傑作

Apple AirPods Proは、ご存知の通り売り切れが続出している大人気のイヤホンです。私も愛用させていただいているのですが、音質もノイズキャンセリング機能もどれをとっても文句なしです。また、イヤーチップが三つの段階の大きさで同封されているので、自分の耳にあったイヤホンを作り上げる事ができます。

バッテリーも長く持続し、接続も途切れることは滅多になく買わないと損レベルでお勧めする最高の一品です。

ノイズキャンセリングイヤホンのまとめ

いかがでしたでしょうか?自分のスタイルにあったイヤホンを見つけられたでしょうか?イヤホン選び、種類が多すぎて悩んでしまう方もいらっしゃると思いますが、よく検討されて自分好みのイヤホンを見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です