【2020年最新版】大容量モバイルバッテリーのおすすめ最強3選

モバイルバッテリーは種類が豊富で見た目による違いがあまりないためどれを選べばいいかわかりづらいでしょう。そのため値段を基準に決める人がいますが、モバイルバッテリーには容量・出力電力・対応機種など他にも重要な要素がたくさんあります。そのため使い方に合わせた機種を選ぶことが重要になってきます。スマートフォンやタブレット、ノートパソコンを持ち歩くことが生活に浸透している生活で、充電が切れることは作業効率を大幅に下げてしまうのでモバイルバッテリーは必需品といえます。この記事ではモバイルバッテリーの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

大容量モバイルバッテリーのおすすめメーカー一覧

大容量モバイルバッテリーのおすすめメーカー2つと特徴や評価を解説します。

大容量モバイルバッテリーのおすすめメーカー2つ
  • アンカー(Anker)
  • チーロ(Cheero)

アンカー(Anker)

アンカーの製品は高品質で低価格なものが多いです。モバイルバッテリーや充電器、ライトニングケーブルをAmazonや楽天市場で調べるとまず出てくるのがアンカーの商品です。また、アンカーはサポートサービスも充実しています。日本のカスタマーサービスが全員正社員なので困ったことがあれば気軽に聞くことができます。初めてモバイルバッテリーを買おうと思っている方はアンカーの製品を選べば間違いないです。

チーロ(Cheero)

チーロは「貴方の生活をちょっと便利にするコモノたち」をテーマにしています。有名な製品は後程紹介するダンボーバッテリーです。かわいい顔ととダンボール調のデザインが特徴的な製品です。チーロは不良品が非常に少ないことで有名なので、スマホアクセサリーをAmazonなどの通販で買うのが怖いという方はチーロが販売している製品を選びましょう。

大容量モバイルバッテリーの選び方

大容量モバイルバッテリーの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

大容量モバイルバッテリーの選び方4つ
  • 容量|10000mAh以上がおすすめ
  • ポート数で選ぶ
  • 出力電力で選ぶ
  • 大きさ・重さで選ぶ

容量|10000mAhだと安心

まず、バッテリー容量の単位は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表現されます。この数字が大きければ大きいほど充電できる回数が増えます。なのでモバイルバッテリーを選ぶときに一番注目するべきポイントです。ちなみに充電回数が増えるほどモバイルバッテリー自体の重量も重くなります。

そのため一日に何回くらい充電したいのかによっておすすめするものは変わりますが、1つの基準として10000mAhあれば間違いないでしょう。10000mAhだとiPhoneやandroidといったスマホをおよそ2~3回充電することが可能です。

ポート数で選ぶ

ポート数はモバイルバッテリーの大きさに比例します。小さいモバイルバッテリーだと1ポートで、大きくなると2~3ポートになります。ポート数が多いほど同時に充電できるデバイスの数が増えます。普段の生活で使う時は自分のスマホを充電するだけで良いのでポート数は1つで十分です。

しかしテーマパークなどに一日いる時は友達のスマホも充電が少なくなることが多いので、自分のスマホと同時に充電するためにもポート数は2~3つをおすすめします。他にも外出先でスマホとパソコンを同時に長時間使用する方はポート数が多いモバイルバッテリーを選びましょう。

出力電力で選ぶ

出力電力の「出力」とは送ることができる電流の多さを表しています。バッテリー容量が「mAh」で表現されるのに対して、出力電力は「A(アンペア)」で表現されます。出力電力の大きさは充電速度に関係があります。モバイルバッテリーの容量が20000mAh以上で非常に多いとしても、出力電力が小さいと充電速度は遅くなってしまいます。

最近のモバイルバッテリーは急速充電できるものが増えてきてますが、買ってから充電の速度が遅くて後悔することがないように注意しましょう。2A以上の出力電力のモバイルバッテリーを選べば問題ないです。

大きさ・重さで選ぶ

モバイルバッテリーという名前である以上、持ち運びやすさは非常に大事なポイントです。普段外出するときにカバンをもたずにスマホと財布だけを持つ方は、ポケットに納まってなおかつ軽いモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。また、モバイルバッテリーの容量が大きいものを選ぶと必然的にサイズや重さも大きくなることも注意しておかなけれないけません。

逆に言えば、カバンを普段利用している人は小型サイズのモバイルバッテリーよりも、充電できる回数が多い代わりに少し大きめのサイズのモバイルバッテリーを買うことをおすすめします。

今回ご紹介するのは大容量のモバイルバッテリーなので少し重くなってしまいますが、十分持ち運べるものを紹介します。

【1000mAh以上】大容量モバイルバッテリーのおすすめ3選

【1000mAh以上】大容量モバイルバッテリーのおすすめ3選を紹介します。

cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18W

最初に紹介するおすすめのモバイルバッテリーは、「cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18W」です。

cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18Wの仕様・製品情報

容量 10050mAh
出力電力 2.4A
ポート数 1
サイズ・重さ 9.5 x 6.2 x 2.2 cm ; 281 g

cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18Wのおすすめポイント3つ

  • かわいらしい見た目
  • カラーバリエーションが豊富
  • 「AUTO-IC機能」搭載

cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18Wのレビューと評価・評判

モバイルバッテリーとは思えない可愛さ

cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18Wはチーロの代表的な製品です。かわいらしい見た目でカラーバリエーションが豊富なので女性に人気のモバイルバッテリーとなっています。大容量のモバイルバッテリーにもかかわらず、出力電力も十分で高速充電することができるだけでなく、接続されたデバイスに合わせ電流を流す「AUTO-IC機能」も搭載されています。

Anker PowerCore Essential 20000

次に紹介するおすすめのモバイルバッテリーは、「Anker PowerCore Essential 20000」です。

Anker PowerCore Essential 20000の仕様・製品情報

容量 20000mAh
出力電力 2.4A
ポート数 2
サイズ・重さ 約158 x 74 x 19 mm

Anker PowerCore Essential 20000のおすすめポイント3つ

  • 20000mAhを備えた大容量モバイルバッテリー
  • 二台同時充電が可能
  • アンカー独自の多重保護システム

Anker PowerCore Essential 20000のレビューと評価・評判

大容量モバイルバッテリーならAnker PowerCore Essential 20000

Anker PowerCore Essential 20000は二台同時に充電することが可能です。スマートフォンなら4~5回充電することができます。出力電力も2.4Aなので高速充電できます。さらにアンカー独自の多重保護システムによって長い間安心して使用することができます。また、大容量モバイルバッテリーにもかかわらずコンパクトなのでポケットに入れて持ち運ぶこともできるのが魅力です。

ADATA 20000mAh モバイルバッテリー デジタルディスプレイ付き 1年間保証 AP20000D-DGT-5V-CBK ブラック

最後に紹介するおすすめのモバイルバッテリーは、「ADATA 20000mAh モバイルバッテリー デジタルディスプレイ付き 1年間保証 AP20000D-DGT-5V-CBK ブラック」です。

ADATA 20000mAh モバイルバッテリー デジタルディスプレイ付き 1年間保証 AP20000D-DGT-5V-CBK ブラックの仕様・製品情報

容量 20000mAh
出力電力 2.1A
ポート数 2
サイズ・重さ 6.4 x 3.2 x 0.9 cm ; 449 g

ADATA 20000mAh モバイルバッテリー デジタルディスプレイ付き 1年間保証 AP20000D-DGT-5V-CBK ブラックのおすすめポイント3つ

  • スマホを約6.5回充電できる
  • コスパがいい
  • デジタルディスプレイ搭載

ADATA 20000mAh モバイルバッテリー デジタルディスプレイ付き 1年間保証 AP20000D-DGT-5V-CBK ブラックのレビューと評価・評判

スタイリッシュでかっこいいモバイルバッテリー

モバイルバッテリー自体のバッテリー残量を正確に知ることができる製品は少ないです。ADATAのモバイルバッテリーはフロントにデジタルディスプレイを搭載しているので1%単位で電池残量を把握することができるので、外出先にモバイルバッテリーを持ち運んだのにモバイルバッテリー自体が充電切れだったということはなくなります。お値段も3000円以内に収まっていて大容量なのでコスパが非常に良い製品です。

大容量モバイルバッテリーのまとめ

モバイルバッテリーの選び方とおすすめの製品3つをご紹介しました。大容量のモバイルバッテリーは重たくなりやすいのが欠点ですが、ポート数が二つ以上ついているものが多いので同時充電することが可能なのが長所です。自分の生活に合ったモバイルバッテリーを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です