【決定版】Type-C対応モバイルバッテリーの人気おすすめ10選

apple製品やNintendo Switchなど最近の機械はUSB Type-Cに対応しているものが多いです。モバイルバッテリーというとスマートフォンやノートパソコンを想像しますが、それだけではなくゲーム機を充電するのにも役立ちます。外で持ち運べるゲーム機も充電が切れてしまってはただの重りになってしまいます。また、ノートパソコンの中でもapple製品のmacbookなどはType-Cに対応しているモバイルバッテリーで充電することができます。この記事では、モバイルバッテリーの中でもUSB Type-Cのものを紹介するとともに、モバイルバッテリーを選ぶ際のポイントもご紹介します。

Type-C対応モバイルバッテリーの特徴

Type-C対応モバイルバッテリーの特徴を2つ解説します。

Type-C対応モバイルバッテリーの特徴2つ
  • 上下気にせず差せる
  • 優れた耐久性

上下気にせず差せる

上下左右が同じ形で作られているのでケーブルを差し込む際に向きを気にする必要がありません。充電をするときに向きが違うとそれだけでストレスを感じやすくなってしまうのであまり触れられるポイントではありませんが大きなメリットです。また、他のUSBとの互換性もあるので形の違いを気にする必要もありません。

優れた耐久性

今でも使われていますが、USB Type-Bは一年もたたないうちに先端が曲がってしまい使えなくなるものが多いです。しかしUSB Type-Cは3倍の耐久性があるといわれているのでとても優れているといえます。apple製品に採用されていることからも信頼がありますね。

Type-C対応モバイルバッテリーの選び方

Type-C対応モバイルバッテリーの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

Type-C対応モバイルバッテリーの選び方4つ
  • 容量|5000mAh以上だと安心
  • ポート数で選ぶ
  • 大きさ・重さで選ぶ
  • ケーブル内蔵型だと便利

容量|5000mAh以上だと安心

まず、バッテリー容量の単位は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表現されます。この数字が大きければ大きいほど充電できる回数が増えます。なのでモバイルバッテリーを選ぶときに一番注目するべきポイントです。

ちなみに充電回数が増えるほどモバイルバッテリー自体の重量も重くなります。そのため一日に何回くらい充電したいのかによっておすすめするものは変わりますが、1つの基準として5000mAhあれば間違いないでしょう。
5000mAhだとiPhoneやandroidといったスマホをおよそ2回充電することが可能です。

ポート数で選ぶ

ポート数はモバイルバッテリーの大きさに比例します。小さいモバイルバッテリーだと1ポートで、大きくなると2~3ポートになります。ポート数が多いほど同時に充電できるデバイスの数が増えます。普段の生活で使う時は自分のスマホを充電するだけで良いのでポート数は1つで十分です。

しかしテーマパークなどに一日いる時は友達のスマホも充電が少なくなることが多いので、自分のスマホと同時に充電するためにもポート数は2~3つをおすすめします。他にも外出先でスマホとパソコンを同時に長時間使用する方はポート数が多いモバイルバッテリーを選びましょう。

大きさ・重さで選ぶ

モバイルバッテリーという名前である以上、持ち運びやすさは非常に大事なポイントです。普段外出するときにカバンをもたずにスマホと財布だけを持つ方は、ポケットに納まってなおかつ軽いモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。

また、モバイルバッテリーの容量が大きいものを選ぶと必然的にサイズや重さも大きくなることも注意しておかなけれないけません。逆に言えば、カバンを普段利用している人は小型サイズのモバイルバッテリーよりも、充電できる回数が多い代わりに少し大きめのサイズのモバイルバッテリーを買うことをおすすめします。

ケーブル内蔵型だと便利

ケーブル一体型のモバイルバッテリーの場合、ケーブルを別で持ち運ぶ必要がないため荷物を減らすことができます。ケーブルをなくしてしまったせいで充電ができないといったこともなくなります。その代わりモバイルバッテリー自体の重量が少し重くなってしまいますが、1つにまとめるのが好きな人にはおすすめです。

Type-C対応モバイルバッテリーのおすすめ3選

Type-C対応モバイルバッテリーのおすすめ3選を紹介します。

【最新版】 軽量 薄型 モバイルバッテリー 10000mAh 大容量 3ケーブル内蔵(Lightning+Micro USB+Type-Cケーブル内蔵)

最初に紹介するおすすめのモバイルバッテリーは、「【最新版】 軽量 薄型 モバイルバッテリー 10000mAh 大容量 3ケーブル内蔵(Lightning+Micro USB+Type-Cケーブル内蔵) 」です。

【最新版】 軽量 薄型 モバイルバッテリー 10000mAh 大容量 3ケーブル内蔵(Lightning+Micro USB+Type-Cケーブル内蔵) の仕様・製品情報

容量 10000mAh
出力電力 2A
ポート数 3
サイズ・重さ 5.5 x 10 x 0.8 cm ; 209 g

【最新版】 軽量 薄型 モバイルバッテリー 10000mAh 大容量 3ケーブル内蔵(Lightning+Micro USB+Type-Cケーブル内蔵) のおすすめポイント3つ

  • ケーブル内蔵型でコンパクト
  • 3台同時充電が可能
  • 急速充電にも対応

【最新版】 軽量 薄型 モバイルバッテリー 10000mAh 大容量 3ケーブル内蔵(Lightning+Micro USB+Type-Cケーブル内蔵) のレビューと評価・評判

コスパ最強のモバイルバッテリー!

まず、ケーブル内蔵型なのでコンパクトに納まります。さらに基本的に3台同時充電をすることが可能です(カメラを充電するなら最大4台同時充電が可能)モバイルバッテリーで2台同時充電は良く見受けられますが、3台同時充電はとても珍しいです。にもかかわらず値段は3000円以内に収まるのでコスパ最強といえます。

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型

次に紹介するおすすめのモバイルバッテリーは、「PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型」です。

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型 【PSE認証済】 Type-C 急速充電 &Micro 2つ入力ポート 大容量 軽量 持ち運び 充電器 スマホ iPhone/ipad/Android対応 フィリップス (ホワイト)
Philips(フィリップス)

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型の仕様・製品情報

容量 10000mAh
出力電力 2.1A
ポート数 2
サイズ・重さ 15.3 x 7.8 x 1.3 cm ; 218 g

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型のおすすめポイント3つ

  • 薄くて持ち運びやすい
  • 二台同時充電が可能
  • 耐熱性があるので充電しながらゲームもできる

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型のレビューと評価・評判

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型の一番の特徴は薄いことです。薄いとすぐ壊れると誤解されますが、表面に特殊加工をしており耐衝撃・耐熱を持っているだけでなく、傷がつきにくく滑りにくい性質も持っています。薄いのでスマホと一緒にポケットに入れて持ち運ぶのに最適です。

Anker PowerCore Essential 20000

最後に紹介するおすすめのモバイルバッテリーは、「Anker PowerCore Essential 20000」です。

Anker PowerCore Essential 20000の仕様・製品情報

容量 20000mAh
出力電力 2.4A
ポート数 2
サイズ・重さ 15.8 x 7.4 x 1.9 cm ; 345 g

Anker PowerCore Essential 20000のおすすめポイント3つ

  • 大容量で安心
  • シンプルな機能
  • 低電流モード搭載

Anker PowerCore Essential 20000のレビューと評価・評判

シンプルだけど使い勝手がいいモバイルバッテリー

Anker PowerCore Essential 20000は容量が20000mAhあるので、スマホを4回ほど充電することができるのでまず充電で困ることはなくなります。また、イヤホンなどには低電流で充電するので壊れる心配もありません。見た目も機能もシンプルなモバイルバッテリーといえます。

Type-C対応モバイルバッテリーのまとめ

Type-C対応モバイルバッテリーの特徴とモバイルバッテリーを選ぶ際のポイント、おすすめのモバイルバッテリー3つをご紹介しました。今後Type-C対応モバイルバッテリーはさらに普及されます。今のうちに自分に合ったモバイルバッテリーを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です