2020年版Androidのゲーミングタブレットおすすめ最強10選

コスパ良好なオススメのAndroidゲーミングタブレットをメーカー別、用途や目的別に紹介します。メーカーはASUSエイスース・Huaweiファーウェイ・Lenovoといった有名メーカーに加え、中華メーカーの中でもレビューや評価が高い製品、2Dゲームに最適な低価格で小型モデル、映画鑑賞やゲームプレイが映える高画質モデル、CODやフォートナイトが遊べるCPUが搭載された高スペックモデルなど、幅広く紹介します。

Androidゲーミングタブレットの特徴

Androidゲーミングタブレットの特徴を3つ解説します。

Androidゲーミングタブレットの特徴3つ
  • 処理能力が高いから重いゲームをプレイ出来る
  • 圧倒的に綺麗なグラフィックを表示出来る
  • ゲーム以外でもサクサク快適に使用出来る

処理能力が高いから重いゲームをプレイ出来る

Androidゲーミングタブレットは一般的なタブレット端末とは違って、重いゲームを処理できるスペックがあるタブレットのため、MMORPGやアクションゲームやオープンワールド系のゲームが遊べます。Androidゲーミングタブレットは、重いゲームを処理出来る性能を持っているため、一般的なタブレットと比べて価格が高めに設定されているのが特徴です。

圧倒的に綺麗なグラフィックを表示出来る

Androidゲーミングタブレットは一般的なタブレット端末と比べて、解像度が高く設定されています。解像度が綺麗になるメリットとしては、ゲーム体験に没入感が得られることが有ります。また、解像度だけでなく画面サイズも大きいタブレットも多いため、解像度が高く画面サイズが大きいAndroidゲーミングタブレットを選ぶことでより高い没入感が得られます。

ゲーム以外でもサクサク快適に使用出来る

Androidゲーミングタブレットはゲームはもちろん、ゲーム以外の仕事やプライベートでの使用も快適なのが特徴です。Androidゲーミングタブレットがビジネスやプライベートでも快適に使用出来る理由として、CPUとメモリの高さがあります。CPUが高いことでネットサーフィンやWord・Excelといった速い動作を要求される仕事を簡単に作業できるようになります。

Androidゲーミングタブレットのデメリット

Androidゲーミングタブレットのデメリットを2つ解説します。

Androidゲーミングタブレットのデメリット2つ
  • 一般的なタブレット端末と比べて価格が高い
  • Windowsにしかない機能・ソフトの完全互換は難しい

一般的なタブレット端末と比べて価格が高い

Androidゲーミングタブレットは処理能力が高いため、ネットサーフィンや軽い映画鑑賞に向いた一般的なタブレット端末と比べて価格が高い製品がほとんどです。
1万円台で買えるような安いタブレット端末でゲームをプレイすると、画面がカクついてまともにゲームが出来ない可能性もあります。どんなゲームも快適に遊ぶためには、2万円以上のAndroidゲーミングタブレットを選ぶことをオススメします。

Windowsにしかない機能・ソフトの完全互換は難しい

AndroidゲーミングタブレットではもちろんOSがAndroidのため、基本的にGoogleストアで配信されているゲームしか対応してません。WindowsPCで使っているソフトやサービスをAndroidゲーミングタブレットでも利用するには、Windowsと互換性のあるソフト・サービスをGoogleストアでダウンロードする必要が有ります。但し、Windowsと互換性があるとは言えど、Windowsでの利便性には劣るソフト・サービスがあるため注意が必要です。

Androidゲーミングタブレットはこんな人におすすめ

AndroidゲーミングタブレットはPUBGやフォートナイト、COD等の重いゲームをサクサク快適にプレイしたい人にオススメです。
Androidスマートフォンでは性能に限界があるだけでなく、画面の大きさにも限界が有ります。激しい戦闘アクションのあるゲームをスマートフォンの小さい画面でプレイする事にストレスを感じているなら、10インチ以上のAndroidゲーミングタブレットをオススメします。

Androidゲーミングタブレットの選び方

Androidゲーミングタブレットの選び方を以下の6つのポイントから解説します。

Androidゲーミングタブレットの選び方6つ
  • ディスプレイの大きさ
  • バッテリーの動作時間
  • 液晶画面の解像度
  • ストレージ容量
  • CPUとメモリ
  • イヤホンジャックの位置

ディスプレイの大きさ

Androidゲーミングタブレットを選ぶ際に最初に確認すべき要素としてディスプレイの大きさがあります。
ディスプレイの大きさはコンパクトな製品だと8インチ、大き目の製品だと13インチのタブレットがあります。外出時に頻繁にゲームをプレイしたい人は持ち運びに便利な8インチ程度のタブレットがオススメで、自宅・学校・オフィス・カフェ等でじっくりゲームを遊びたい人は10インチ以上のタブレットの購入をオススメします。

バッテリーの動作時間

Androidゲーミングタブレットのバッテリー性能は基本的に高いです。少ない製品でも5000mAhもあるため、通勤中・移動中でのゲームプレイ程度であればバッテリーは充分に持ちます。
但し、製品によって画面サイズが大きかったり処理能力が高かったりすると、バッテリー持ちが悪くなってしまうため、モバイルバッテリーは持っていると安心できます。

液晶画面の解像度

Androidゲーミングタブレットはスマホと比べて画面サイズが大きいため、解像度の良さをスマホ以上に体感することが出来ます。
せっかくタブレットを購入するなら、例え軽めのゲームをプレイする人であってもフルHD以上のスペックを持ったAndroidゲーミングタブレットをオススメします。
アニメ調のゲーム・3D系のゲームの両方においてフルHD以上の画質の恩恵を感じることが出来るので、購入時は出来るだけフルHD以上である事を確認することをオススメします。

ストレージ容量

Androidゲーミングタブレットを購入する際に最も重要なのがストレージ容量です。
例えば、パズドラやモンストのような軽めのゲームだけをやる人であれば32GBでも足りるでしょうし、PUBGやフォートナイトや荒野行動などのバトロワ系のゲームをメインでやる人は64GB以上のタブレットの購入をオススメします。

CPUとメモリ

Androidゲーミングタブレットでバトロワ系・オープンワールド系・MMORPGといった重めのゲームをプレイする際に必要なのが高いCPUとメモリです。
重いゲームをプレイする環境として最低限必要となるCPUスペックは「オクタコアプロセッサー」、メモリは「2GB(可能であれば3GB以上)」が目安となります。

イヤホンジャックの位置

Androidゲーミングタブレットでゲーム体験をより向上させる方法としてヘッドホンを使う人も居ると思います。タブレットでゲームをする時にヘッドホンをする人にとってはイヤホンジャックが必須です。Androidゲーミングタブレットの種類によってはイヤホンジャックの位置が上下左右バラバラなので、横向きでゲームをする人は短辺側に、縦向きでゲームをする人は長辺側にイヤホンジャックがある事を確認した方が良いです(基本、短辺側にイヤホンジャックがあることが多いです)。

Androidゲーミングタブレットのおすすめメーカー一覧

Androidゲーミングタブレットのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

Androidゲーミングタブレットのおすすめメーカー3つ
  • ASUS(エイスース)
  • Huawei(ファーウェイ)
  • Lenovo(レノボ)

ASUS(エイスース)

ASUSエイスースは販売機種はHuaweiファーウェイほど多くありませんが、ファーウェイ以上に高スペックな機種があります。例えばSnapdragon 650でメモリ4GBの性能で更に2Kの解像度を搭載したゲームプレイに最適な機種があります。また、手軽なゲームが出来る程度のスペックの機種もあるため、自身のゲームプレイに合わせてタブレットを選ぶことが出来ます。

Huawei(ファーウェイ)

Huaweiファーウェイは独自のCPUを搭載したAndroidゲーミングタブレットを製造販売しています。
多くのAndroidゲーミングタブレットがSnapdragonというCPUを搭載していますが、ファーウェイの端末はファーウェイ独自のKirinというCPUを搭載しています。また、スピーカーの性能が高く、ゲームプレイに最適なCPUとスピーカーを兼ね備えてます。

Lenovo(レノボ)

LenovoはASUSエイスースと比べてメモリ・ストレージ容量が高いタブレットを販売しています。ゲームプレイや映画鑑賞・マルチタスクを前提として作られた設計のため、メモリは4GBを基準として作られているのが特徴です。また、バッテリー駆動時間も他社製品と比べて8時間と多く設定されています。外出での使用でも安心できるよう、両面強化ガラスで作られていたり本体も軽量化されているのもポイントです。

Androidゲーミングタブレットのおすすめ10選

Androidゲーミングタブレットのおすすめ10選を紹介します。

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4

最初に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4」です。

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4の仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 7.9 インチ
バッテリーの動作時間 11 時間
液晶画面の解像度 2048×1536(QXGA)
ストレージ容量 32GB
CPU Qualcomm Snapdragon 650(1.80GHz)
メモリ容量 4GB
イヤホンジャックの位置 上部

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4のおすすめポイント3つ

  • 2K解像度の約8インチ大画面ディスプレイ
  • デュアルスピーカーで没入感バツグン
  • 圧倒的なパフォーマンス高性能CPUと、大容量4GBメモリ

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4のレビューと評価・評判

どんなゲームも没入感バツグンで快適に遊べる小型タブレット

ASUS(エイスース)のゲーミングタブレットは基本的に処理能力が高い製品が多いのが特徴的ですが、ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4はASUSの最高コスパ製品と言えます。
何故ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4のコスパが良いかと言うと、8インチと小型な本体に対して2K画質・4GBメモリという高スペックな性能が特徴だからです。
但し、処理能力の良さが逆にバッテリーの体力を削ってしまう可能性があるので注意が必要です。

ASUS 9.7インチ タブレット ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4/A

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「ASUS 9.7インチ タブレット ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4/A」です。

ASUS 9.7インチ タブレット ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4/Aの仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 9.7インチ
バッテリー容量 7,800mAh
液晶画面の解像度 2,048 x 1,536
ストレージ容量 32GB
CPU Qualcomm Snapdragon 650(ヘキサコアCPU)
メモリ容量 4GB
イヤホンジャックの位置 不明

ASUS 9.7インチ タブレット ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4/Aのおすすめポイント3つ

  • ゲーミングタブレットの中でも最高クラスのCPU
  • スタイラスペンに対応しているため作業効率アップ
  • 2K解像度のタブレットを大容量バッテリーで持ち運べる

ASUS 9.7インチ タブレット ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4/Aのレビューと評価・評判

2K解像度でトップクラスのCPUを持ち運べるゲーミングタブレット

ASUS 9.7インチ タブレット ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4/Aは大画面ディスプレイの高性能ゲーミングタブレットです。
メモリ4GB、Snapdragon 650(ヘキサコアCPU)と、重いゲームを立ち上げるに相応しい処理能力があります(快適では無い可能性も有ります)。
PUBG・フォートナイトといったバロトワ系のゲームを遊ぶにも充分なスペックと言えます。
但し、処理能力が高い端末はバッテリーの消耗が激しい傾向にあるため、マルチタスクに期待する人はモバイルバッテリーの常備をオススメします。

HUAWEI MediaPad M5 lite 8

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「HUAWEI MediaPad M5 lite 8」です。

HUAWEI MediaPad M5 lite 8″の仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 約8インチ
バッテリー容量 約5100mAh
液晶画面の解像度 1,920×1,200
ストレージ容量 32GBモデル 64GBモデル
CPU Huawei Kirin710 オクタコア
メモリ容量 3GBモデル 4GBモデル
イヤホンジャックの位置 上部

HUAWEI MediaPad M5 lite 8″のおすすめポイント3つ

  • メモリとストレージを選択出来る
  • CPUがファーウェイの中でもトップクラス
  • スピーカー性能がApple製品と同等かそれ以上

HUAWEI MediaPad M5 lite 8″のレビューと評価・評判

自分好みのメモリとストレージが選べるマルチタスク型タブレット

HUAWEI MediaPad M5 lite 8″は自分好みにメモリとストレージを選んでから購入出来ます。
例えば、軽いゲームだけプレイしたい人は3GBのモデルを選び、激しいアクションを要するゲームをプレイしたい人は4GBのモデルを選ぶことが出来ます。
但し、HUAWEI MediaPad M5 lite 8″の性能には満足出来ても画面の大きさに満足出来ない人にはオススメ出来ません。

HUAWEI MediaPad M5 lite

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「HUAWEI MediaPad M5 lite」です。

HUAWEI MediaPad M5 liteの仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 約10.1インチ
バッテリー容量 約7500mAh
液晶画面の解像度 WUXGA(1920×1200)
ストレージ容量 32GBモデル 64GBモデル
CPU Huawei Kirin659 オクタコア
メモリ容量 3GBモデル 4GBモデル
イヤホンジャックの位置 左下

HUAWEI MediaPad M5 liteのおすすめポイント3つ

  • メモリが最大4GBだからマルチタスクに向いている
  • 約10インチの大画面ディスプレイで没入感アップ
  • 中規模のゲームであれば快適に操作可能なCPU

HUAWEI MediaPad M5 liteのレビューと評価・評判

高性能なスピーカー・CPUを搭載したハイスペックタブレット

HUAWEI MediaPad M5 liteはゲーム・映画鑑賞・ExcelやWord等のビジネスや学習を両立出来るマルチタスク性に優れています。
約10インチの大画面ディスプレイを搭載しているだけで無く、スピーカー性能も優れているため、様々な用途で大活躍出来ます。
但し、外出時のネットサーフィンをするにはサイズが大きいため不向きかも知れません。

HUAWEI MediaPad T5

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「HUAWEI MediaPad T5」です。

HUAWEI MediaPad T5 10 タブレット 10.1インチ Wi-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB ブラック【日本正規代理店品】
HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEI MediaPad T5の仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 約10.1インチ
バッテリー容量 約5100mAh
液晶画面の解像度 WUXGA(1920×1200)
ストレージ容量 16GBモデル 32GBモデル
CPU Huawei Kirin659 オクタコア
メモリ容量 2GBモデル 3GBモデル
イヤホンジャックの位置 不明

HUAWEI MediaPad T5のおすすめポイント3つ

  • ゲーム・学習・ビジネスの利用に最適なCPU
  • 通勤・通学に向いているバッテリー容量
  • 映画鑑賞・美麗なグラフィックのゲームが映える画素数

HUAWEI MediaPad T5のレビューと評価・評判

通勤・通学に最適なバッテリー性能とCPUを搭載した万能タブレット

HUAWEI MediaPad T5は通勤・通学時に軽くゲームを遊んだり、映画・ドラマ・アニメ鑑賞をする人にオススメです。HUAWEI MediaPad T5のメモリ容量は少な目ですが、解像度がとても高いため、短時間の娯楽に最適です。
但し、フォートナイトやCOD等の激しいゲームのプレイには向いてないため、注意が必要です。

Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JP

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JP」です。

Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JPの仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 8.0インチ
バッテリーの動作時間 約8.0時間
液晶画面の解像度 1920×1200
ストレージ容量 64GB
CPU Qualcomm® APQ8053 オクタコア プロセッサー
メモリ容量 4GB
イヤホンジャックの位置 不明

Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JPのおすすめポイント3つ

  • フルHD以上の解像度を手に収まる8インチで持ち運べる
  • マルチタスクが可能なメモリ容量とCPU
  • 長時間の外出に最適なバッテリー駆動時間

Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JPのレビューと評価・評判

8インチディスプレイの手に収まるサイズで解像度が最高クラス

Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JPは8インチディスプレイでありながらハイエンドモデルと同等の解像度を搭載したゲーミングタブレットです。
また、Lenovo タブレット TAB4 8 Plus 8.0型 WiFiモデル ZA2E0135JPのメインメモリは4GBと、マルチタスクが可能なのが特徴です。
但し、CODやフォートナイトを不満なく動かせるスペックではないため、重いゲームを沢山遊びたい人にはオススメ出来ません。

Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GB

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GB」です。

Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GBの仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 10.1インチ
バッテリーの駆動時間 6000mAh
液晶画面の解像度 1920×1200
ストレージ容量 32GB
CPU MEDIATEK
メモリ容量 3GB
イヤホンジャックの位置 不明

Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GBのおすすめポイント3つ

  • 2K解像度の10インチタブレットを1日持ち歩けるバッテリー
  • HDMIに出力可能な拡張性でスクリーンへの投影が可能に
  • 端子の接続穴が全て本体上部にあるから邪魔にならない

Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GBのレビューと評価・評判

テレビモニターに投影可能なゲーミングタブレット

Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GBはテレビモニターにHDMI出力出来る数少ないゲーミングタブレットです。
また、Vankyo タブレット10インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM32GBは10インチで2K画質、そしてメモリ3GBとマルチタスクが可能なスペックが特徴です
但し、基本性能が高いため、マルチタスクをメインに使っているとバッテリー性能が劣化しやすいため注意が必要です。

Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0」です。

Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0 の仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 10.1インチ
バッテリーの駆動時間 6000mAh
液晶画面の解像度 1920×1200
ストレージ容量 32GB
CPU MT8163クアッドコアCortex-A53 64ビット
メモリ容量 3GB
イヤホンジャックの位置 上部

Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0 のおすすめポイント3つ

  • 複数のゲームをインストールできるストレージ容量
  • 持ち運びに便利な6000mAhの大容量バッテリー
  • 上部にイヤホンジャックがあるから邪魔にならない

Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0 のレビューと評価・評判

ゲームプレイに特化したCPUとHDMI出力の拡張性を持ったタブレット

Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0はHDMI出力・2K画質・高性能なCPUを搭載したハイエンドモデルのゲーミングタブレットです。
また、Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0はメモリが3GBもあるため、マルチタスクにも向いています。
但し、Vankyo タブレット10インチS30 Android 9.0の約10インチのディスプレイはタブレットの中でもサイズが大きいため、持ち運びには不便になる事も考えられます。

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1」です。

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1の仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 10.1インチ
バッテリーの動作時間 平均5-6時間
液晶画面の解像度 1280×800
ストレージ容量 16GB
CPU MTK8163 Quad-core Cortex-A53
メモリ容量 2GB
イヤホンジャックの位置 右上

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1のおすすめポイント3つ

  • 約10インチディスプレイだからゲーム・映画に最適
  • HDMI出力が可能だからゲームや映画をテレビモニターに映せる
  • 128GBまでのストレージ拡張が可能

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1のレビューと評価・評判

アニメ調の戦略型ゲームや軽い3Dゲームを10インチの大画面で快適に遊べる

Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1は2Dのゲームをメインに遊ぶ人にオススメ出来ます。
メモリが2GBとやや少なめなので、3Dの広大なフィールドで遊ぶようなゲームには不向きなスペックです。
しかし、Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 8.1はHDMI出力が可能なため映画鑑賞やゲームプレイを大画面で体感出来ます。

ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチ

次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチ」です。

ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチの仕様・製品情報

ディスプレイの大きさ 10.1インチ
バッテリーの動作時間 6600mAh
液晶画面の解像度 1920×1200解像度
ストレージ容量 32GB
CPU MT8163クアッドコアCortex-A53 64ビット
メモリ容量 3GB
イヤホンジャックの位置 上部

ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチのおすすめポイント3つ

  • フルHD以上の高画質ディスプレイを大容量で持ち運び可能
  • 重いゲームも快適に動かせるCPUを搭載
  • 5GWi-Fiに対応しているため通信障害になりにくい

ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチのレビューと評価・評判

5GWi-Fi・高解像度を搭載した高スペックなゲーミングタブレット

ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチは5GWi-Fi・2K・高性能CPU・大容量バッテリーを搭載したハイスペックゲーミングタブレットです。
Wi-Fiの高速通信に対応しているためゲーム時の遅延は気にしなくて良さそうですが、重いゲームをプレイするには少し物足りないスペックなので、ALLDOCUBE iPlay10 Proタブレット10.1インチで激しいゲームを遊ぶのはオススメ出来ません。

オススメのAndroidゲーミングタブレットのまとめ

Androidのゲーミングタブレットは画質が2K以上の製品が多く、バッテリー容量も基本的に多いです。但し、CPUが2Dのゲーム程度しか動かせない製品やメモリが少ないモデルがあるため、ガッツリゲームを楽しみたい人にはHuawei製品かスナップドラゴンを搭載したタブレットをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です