完全独立型ワイヤレスイヤホンの人気おすすめ3選!高品質&コスパ最強

音楽配信サービスの普及によって外出先でイヤホンを常につけている人の姿がよく見受けられるようになっています。最近はリモートワークが増加していますが、リモートワークの際にもマイク付きのイヤホンなどは作業効率を上げるためにも重要といえます。

娯楽としてだけではなく仕事のアイテムとしても活躍しつつあるイヤホンには様々な種類があります。使う場面によっておすすめの機能も違います。

そこで今回は完全独立型ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめの製品をご紹介します。自分の使い方を考えつつご覧ください。

完全独立型ワイヤレスイヤホンとは?

完全独立型ワイヤレスイヤホンとは左右をつないでいるケーブルが存在せず、独立しているイヤホンのことを指します。そのためバックや周りのものにひっかかって外れる心配がありません。スマートフォンに接続する際にはBlutoothが使われます。

なので完全独立型ワイヤレスイヤホンを選ぶときには再生時間や機能だけではなくBlutooth規格を確認することが非常に大切になります。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのメリット

完全独立型ワイヤレスイヤホンのメリットを3つ解説します。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのメリット3つ
  • ケーブルがない
  • 片耳でも聴くことが可能
  • コンパクトで軽量

ケーブルがない

完全独立型ワイヤレスイヤホンの一番のメリットはケーブルがないことです。ケーブルがないことで外でも非常に利用しやすくなります。

ワイヤレスイヤホンの中でも基本的なBluetoothイヤホンは両耳間をケーブルで接続しているため移動しているときに引っかかったり、カバンやポケットに入れる時にケーブルが絡まることがありますが、完全独立型ワイヤレスイヤホンは両耳が独立しているので外出時にも使いやすいです。

片耳でも聴くことが可能

完全独立型ワイヤレスイヤホンの場合、左右が独立しているので片耳だけで聴くことも可能です(製品によります)。片耳で使うことが出来るようになることで、家事をしながら使うことができたり、電車の中でアナウンスを聞き逃すこともなくなります。

また、ランニングの際に車や自転車などの周りの音を聞くこともできるようになるので、事故を防ぐことにもつながります。

コンパクトで軽量

完全独立型ワイヤレスイヤホンはケーブルがなくなっている分、コンパクトで軽量になっています。イヤホンを保管するケースも小さいのでポケットやカバンにいれて持ち運ぶことが容易です。さらに保管するケース自体が充電機能をはたしているのもメリットといえます。

ケーブルがないことで絡まる心配もありません。デザインも小型でシンプルなため、つけているときも見た目に違和感がないのが特徴です。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのデメリット

完全独立型ワイヤレスイヤホンのデメリットを2つ解説します。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのデメリット2つ
  • 落としやすい
  • 接続が安定しづらい

落としやすい

完全独立型ワイヤレスイヤホンは本体内ですべての機能が使えるようにする必要があるため、ケーブルがあるワイヤレスイヤホンに比べて本体が大きくなってしまいます。そのため女性や男性でも耳の穴が小さい人は耳からこぼれ落ちやすくなってしまい、なくしたり壊してしまう可能性が高くなってしまいます。

ケーブルが引っかかる心配は有りませんが、落としてしまう心配が残ります。

接続が安定しづらい

完全独立型ワイヤレスイヤホンのデメリットとしてもう1つあげられるのが接続性です。スマートフォンなどの音楽プレイヤーと左右それぞれのイヤホンをワイヤレスで接続する際に、イヤホンをつけている人自体が電波を妨げてしまうため、有線イヤホンに比べて音切れがしやすいです。

各メーカー様々な工夫をして少しでも音切れがするのを防ぐ技術を開発していますが、接続性に関しては有線イヤホンにはかないません。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー一覧

完全独立型ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー3つ
  • ソニー(SONY)
  • ボーズ(Bose)
  • パナソニック(Panasonic)

ソニー(SONY)

ソニーはテレビやゲームなど世界レベルで活躍している企業です。音楽プレイヤーの「ウォークマン」は皆さん一度は聞いたことがあるでしょう。ソニーのイヤホンは不良品が少ないことで有名です。音質に関しては低音が強めで比較的にフラット傾向にあります。

また、エントリーモデルからハイエンドモデルというように商品のラインナップが幅広いので自分に合ったイヤホンを選ぶことができます。

ボーズ(Bose)

圧倒的な高品質で、ヨーロッパではシェア率1位といわれている人気メーカーのボーズ。1964年にアメリカで創業されたメーカーで信頼性もあります。ボーズのイヤホンの特徴は低音と高音どちらもバランスよくきくことができることです。

さらに世界で初めて搭載したノイズキャンセリング機能は発祥メーカーということもありいまだに最高品質を保っています。騒音を気にせず音楽を楽しみたい方はおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックはテレビやエアコン、洗濯機など様々な家電製品を販売している会社です。パナソニックが販売しているイヤホンの中で代表的な製品は完全ワイヤレスイヤホンです。日本製のイヤホンの中でも特にコストパフォーマンスが高い製品を販売してます。

一番コスパが良いのはKZ製品のイヤホンですが、カスタマーサポートの充実を求めるならパナソニックです。

完全独立型ワイヤレスイヤホンの選び方

完全独立型ワイヤレスイヤホンの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

完全独立型ワイヤレスイヤホンの選び方5つ
  • 連続再生時間
  • ドライバーユニット・対応コーデック
  • 装着感
  • 接続の安定性
  • ノイズキャンセリング機能

連続再生時間

連続再生時間は長時間音楽を聴き続けることが多い方には非常に重要なポイントです。ランニングや通勤通学の途中に音楽を聴くことができなくなってしまうとストレスを感じる原因となってしまします。おすすめとして3時間以上連続再生が可能なイヤホンです。

もしくは充電ケース付きのイヤホンならば少し充電するだけでまた聴くことができるようになるのでおすすめできます。

ドライバーユニット・対応コーデック

ドライバーユニットとは音が出るスピーカーの大きさのことを差します。イヤホンのスピーカーには主に「ダイナミック型」と「バランスド・アーマチュア型」の二種類があります。

コーデックとはBLUETOOTHで音声を伝送するときに使う音声圧縮変換方式のことを意味します。コーデックは大きく分けてSBC、AAC、aptX、LDACの4種類があります。

装着感

完全独立型ワイヤレスイヤホンはケーブルがあるイヤホンに比べて装着感をよく確認しなければなりません。耳にフィットしてこぼれ落ちづらいイヤホンを選ばなかった場合、落としてなくしたり壊してしまう可能性が高まるからです。

基本的にイヤホンには最初から3つのタイプの大きさのカバーがついているはずなので、一番小さいカバーで耳にフィットすれば問題ありません。

接続の安定性

完全独立型ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンに比べると音切れが多いです。電波でデータを送受信しているためこればかりは仕方ありません。その代わり音切れの頻度や音切れした後復帰するまでのスムーズさを気にする必要があります。

実際に試してみないとわからないことが多いのでAmazonや楽天市場でのレビューを見て確認する必要がある項目です。レビューの中でも特に気にする必要があるといえます。

ノイズキャンセリング機能

最近のイヤホンを購入する際の一番のポイントはノイズキャンセリング機能がついているかどうかです。ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンは通勤通学の際に音楽を聴く時に非常に役に立ちます。騒音を軽減してくれるだけではなく耳栓の代わりとしても便利です。

ちなみにノイズキャンセリングはマイクで周りの騒音を集音して打ち消すことで騒音を低減する仕組みです。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのおすすめ3選

完全独立型ワイヤレスイヤホンのおすすめ3選を紹介します。

TaoTronics ワイヤレスイヤホン

最初に紹介するおすすめの完全独立型ワイヤレスイヤホンは、「TaoTronics ワイヤレスイヤホン」です。

TaoTronics ワイヤレスイヤホン

Blutooth規格 5.0
重量 5.4g
ノイズキャンセリング機能 無し
連続再生時間 6時間

TaoTronics ワイヤレスイヤホンのおすすめポイント3つ

  • 長時間再生が可能
  • 防水対応
  • タッチコントロール搭載

TaoTronics ワイヤレスイヤホンのレビューと評価・評判

旅行におすすめのイヤホン

TaoTronics ワイヤレスイヤホンは再生可能時間が長いことが特徴のイヤホンです。イヤホンをつけたまま移動したり作業しているときに充電が切れて音楽が聴けなくなることを防ぐことができます。イヤホン本体が充電満タンの時は連続6時間再生することができますし、付属のケースも合わせることで最大40時間音楽再生することが可能です。そのため充電をあまりすることができない旅行の際に便利です。

Bose SoundSport Free wireless headphones

次に紹介するおすすめの完全独立型ワイヤレスイヤホンは、「Bose SoundSport Free wireless headphones」です。

Bose SoundSport Free wireless headphones

Blutooth規格 5.0
重量 9g
ノイズキャンセリング機能 無し
連続再生時間 4時間

Bose SoundSport Free wireless headphonesのおすすめポイント3つ

  • 最高レベルの音質
  • なくした時にもアプリで探せる
  • 外れにくい構造

Bose SoundSport Free wireless headphonesのレビューと評価・評判

音質にこだわったイヤホン

Bose SoundSport Free wireless headphonesは絶大な人気を誇るメーカーBOSEのハイエンドモデルのワイヤレスイヤホンです。低音域から高音域までバランスよく聴くことが可能で、独自の技術によって音量によってイコライザが最適化するのも魅力的です。

また、専用アプリを用いることでイヤホンの位置情報を確認することもできるので、もしなくしてしまったときにも探すことができます。

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800

最後に紹介するおすすめの完全独立型ワイヤレスイヤホンは、「ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800」です。

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800

Blutooth規格 5.0
重量 7.6g
ノイズキャンセリング機能 無し
連続再生時間 8時間

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800のおすすめポイント3つ

  • 最大連続8時間再生可能
  • 安定した接続
  • 5つのカラーバリエーション

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800のレビューと評価・評判

音楽好きにおすすめのイヤホン

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800は10分の充電で70分の再生をすることが可能で、連続8時間再生することもできます。完全独立型ワイヤレスイヤホンにもかかわらずハイレゾ級高音質を実現しているイヤホンでもあります。接続性も非常に安定しているので音切れの頻度も少ないです。

ワイヤレスイヤホンの中では珍しくカラーバリエーションが豊富なので、色にこだわっている方にもおすすめすることができます。

完全独立型ワイヤレスイヤホンのまとめ

完全独立型ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットから選ぶ際のポイントとおすすめの製品3つをご紹介しました。有線イヤホンに比べてコンパクトにおさまり、様々な場面で使いやすいワイヤレスイヤホンだからこそ自分にぴったりの製品を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です