小型テレビの人気おすすめ10選|シャープ・パナソニック

自分だけのテレビが欲しいと思ったことはありませんか?ゲームを気兼ねなく楽しみたい人、キッチンや浴室でテレビ番組の続きを楽しみたい人、理由は様々でしょう。最近の小型テレビは便利な機能を搭載した性能の良いものがたくさんあるので、使用目的などに応じて選ぶことができます。

この記事では、テレビの画質や録画機能などの性能による選び方のポイントや、おすすめメーカーのパナソニック、シャープ、東芝の製品の特徴などを見ていきます。また、据え置きタイプとポータブルタイプに分けて、おすすめ製品を紹介していきます。

小型テレビのおすすめメーカー一覧

小型テレビのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

小型テレビのおすすめメーカー3つ
  • パナソニック(Panasonic)
  • シャープ(SHARP)
  • 東芝(TOSHIBA)

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは国内最大手の総合家電メーカーで、テレビは「ビエラ」シリーズとして販売されています。小型テレビにおいても、鮮明な映像がどんな角度からでも見られるように、IPSパネル&LEDバックライトを採用しているものがあります。

また、自由に持ち運べるポータブルタイプの「プライベート・ビエラ」ではモニター部の水洗いが可能なものもあり、キッチンなどでの使用に大変便利になっています。

シャープ(SHARP)

世界で初めて液晶表示つきの電卓を開発して「液晶のシャープ」と呼ばれている家電メーカーです。シャープの「AQUOS」シリーズにはテレビだけでなく、スマホなどもラインナップされています。

据え置きタイプでは、コンパクト設計によるスリム化を実現していて、置き場所を選びません。また、「簡単サクッと検索」や音声「くっきり」ボタンなどの便利機能を搭載しています。

東芝(TOSHIBA)

東芝は大手電機メーカーで、テレビは「レグザ」シリーズとして販売されています。「レグザエンジンファイン」という映像処理エンジンを搭載した製品は、高画質化だけでなく快適操作を実現しています。

ゲームや映画などのコンテンツに合わせた映像モードを選べるようになっていたり、テレビゲームをスムーズにプレイできる「瞬足ゲームモード」を搭載しているものもあります。

小型テレビの選び方

小型テレビの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

小型テレビの選び方5つ
  • テレビのタイプ|据え置きタイプかポータブルタイプか
  • 映像の画質で選ぶ
  • 録画機能があると便利
  • インターネット接続機能もチェック
  • 防水機能もチェック

テレビのタイプ|据え置きタイプかポータブルタイプか

小型テレビには据え置きタイプと、持ち運びができるポータブルタイプがあります。据え置きタイプのテレビは、外付けHDDを取り付けることで録画できるものが多いです。その他にも機種によって便利な機能が搭載されており、1人暮らしの部屋でテレビを見たい人や、自分の部屋でゲームを楽しみたい人などにおすすめです。

ポータブルタイプのテレビは大きく2種類に分かれます。1つはワンセグチューナーを内蔵していて、電波を受信できればどこでも視聴可能なタイプです。もう1つは屋内のアンテナケーブルに専用のチューナーを接続するタイプで、外への持ち運びができない代わりに機能が充実しています。

購入の際には、あらかじめ、どんな目的で使用するのかをイメージしておきましょう。

映像の画質で選ぶ

小型テレビの解像度は、一般的に1366×768のハイビジョンが多くなっています。解像度1366×768あれば十分に鮮明な映像を楽しめると言われているので、その値を基準として製品スペックをチェックしてみましょう。

また、テレビを正面からだけでなく、斜めの位置から見ることが多い場合は視野角のチェックも必要です。製品スペックで視野角178度以上のものを選ぶか、店頭などで斜め水平方向から眺めて、画面の色具合などを確認するのがおすすめです。なお、視野角が広く視認性能が良いIPSパネルを採用している製品は、視野角のチェックは必要ありません。

録画機能があると便利

仕事などで放送時間に間に合わない時や、休日にゆっくり番組を楽しみたい人などにおすすめなのが録画機能です。一般的なのは、USB端子に外付けHDDなどを接続して保存する方式です。もしテレビ番組を視聴しながら裏番組の録画をしたいのならば、内臓チューナーが複数あるものを選びましょう。

また、テレビ本体にHDDやブルーレイが搭載されていて、簡単に録画や視聴ができるものもあります。値段が高めになりますが、テレビ周りをスッキリさせたい人にはおすすめです。

インターネット接続機能もチェック

最近の小型テレビにはインターネット接続が可能なものが多くあります。中には無線LANを内蔵しているテレビもあり、LANケーブルが不要となることでテレビ周りがスッキリと見えます。インターネットに接続することでYouTubeやNetflixなどの動画の視聴が可能になったり、ネットショッピングがテレビでできるようになります。

また、スマートフォン内に保存した動画や写真、音楽データをテレビの大きな画面で楽しめたり、テレビを中継して他のスマートフォンにデータを転送・共有できるようになるものもあります。インターネットの接続が可能かどうか、どんなことができるのかなどチェックしてみましょう。

防水機能もチェック

持ち運びができて好きな場所でテレビを楽しめるポータブルテレビを選ぶ場合、どんな場所で使用するのかをあらかじめイメージしておくことが必要です。水がかかる可能性が高いキッチンで使いたいならIPX5以上、入浴中にテレビを視聴するならIPX7以上の製品を選ぶのが無難です。

キャンプなど外に持ち出して使う場合も、水がかかることを想定して防水機能のついているものを選んでおくと安心です。また、リモコンが付属しているものならば、リモコンが防水仕様になっているかもチェックしておきましょう。

【24インチ以下】小型テレビのおすすめ5選

【24インチ以下】小型テレビのおすすめ5選を紹介します。

ハイセンス 24A50

最初に紹介するおすすめの小型テレビは、「ハイセンス 24A50」です。

ハイセンス 24A50の仕様・製品情報

メーカー ハイセンス
画面サイズ 24型
外形寸法 幅55.3×高さ35.6×奥行14.8㎝
重さ 2.9㎏
解像度 1366×768

ハイセンス 24A50のおすすめポイント3つ

  • 直下型LEDバックライト採用
  • 斜めからでも高画質IPSパネル採用
  • 低音域データを補完「スーパーバス」搭載

ハイセンス 24A50のレビューと評価・評判

メーカー保証3年付きで安心の低価格

直下型LEDバックライトを採用することにより明暗部による色ムラが軽減され、発色豊かで綺麗な映像を楽しむことができます。「スーパーバス」機能を搭載することにより、今まで出力されなかった低音が聞こえるようになり、臨場感豊かな音を再現できるようになりました。

外付けHDDによる録画が可能で、裏番組録画にも対応しています。録画中の番組を最初から再生できる「追いかけ再生」も可能です。斜めからの鑑賞にも強いIPSパネルを採用、壁掛けにも対応していて、コストパフォーマンスは十分と言えるでしょう。

シャープ AQUOS 2T-C22AD

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「シャープ AQUOS 2T-C22AD」です。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥30,000 (2020/10/29 14:39:41時点 Amazon調べ-詳細)

シャープ AQUOS 2T-C22ADの仕様・製品情報

メーカー SHARP
画面サイズ 22型
外形寸法 幅50.8×高さ36.1×奥行21.0㎝
重さ 約4.8㎏
解像度 1920×1080

シャープ AQUOS 2T-C22ADのおすすめポイント3つ

  • 音声「くっきり」ボタン
  • 簡単サクッと検索
  • 2画面表示機能

シャープ AQUOS 2T-C22ADのレビューと評価・評判

薄型・コンパクト設計のフルスペックハイビジョンパネルによる高精細画面

薄型エッジライト方式のLEDバックライトを採用することでスリム化を実現しており、置き場所を選びません。解像度1920×1080のフルハイビジョン映像が楽しめるのも特徴です。テレビと外部入力の2画面表示ができるので、気になるスポーツ中継などを見ながら、BDレコーダーに録画した番組を見たりゲームを楽しんだりが可能です。

高音や低音を調整して、人の声や会話などを聞き取りやすくする「音声くっきりボタン」や、録りたい・見たい番組を簡単に探せる「簡単サクッと検索」など、便利な機能が搭載されています。外付けHDDによる裏番組録画にも対応しています。

フナイ FL-24H2010

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「フナイ FL-24H2010」です。

フナイ FL-24H2010の仕様・製品情報

メーカー FUNAI
画面サイズ 24型
外形寸法 幅56.0×高さ39.7×奥行16.9㎝
重さ 約5.0㎏
解像度 1366×768

フナイ FL-24H2010のおすすめポイント3つ

  • 「静止画機能」搭載
  • 臨場感と聴きやすさを両立
  • USB-HDD録画対応

フナイ FL-24H2010のレビューと評価・評判

大容量500GBのHDD内蔵。約65時間の番組を保存。

500GBのハードディスクを内蔵しているので、番組録画がテレビだけでできます。「おまかせ録画」機能もついているので、好きな項目を選んでおけば自動で録画をしてくれます。ハードディスクの残量が少なくなれば、外付けHDDを接続して容量を増やすことも可能です。

CMや番組が切り替わったときなど音量が大きく変化する場合に、自動的に調節して聴きやすくする「ぴったり音量」機能が搭載されています。「ミュージックモード」「シネマモード」と、コンテンツに合わせて音声モードを選ぶこともできます。また、料理番組のレシピなど、メモを取りたいときに便利な「静止画機能」も搭載されています。

東芝 REGZA 24S24

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「東芝 REGZA 24S24」です。

東芝 REGZA 24S24の仕様・製品情報

メーカー 東芝
画面サイズ 24型
外形寸法 幅55.3×高さ35.7×奥行14.3㎝
重さ 3.0㎏
解像度 1366×768

東芝 REGZA 24S24のおすすめポイント3つ

  • 「質感リアライザー」で立体感のある映像に
  • 「マイフォルダ」振り分け機能
  • 「瞬速ゲームモード」搭載

東芝 REGZA 24S24のレビューと評価・評判

映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」で高画質を創造する

高画質化を可能にする「レグザエンジンファイン」は映像処理を行うだけでなく、番組表を高速起動するなど、快適なテレビ視聴や操作ができるようになっています。「瞬速ゲームモード」ではゲーム操作時に感じる映像の遅れを短縮するので、対戦格闘ゲームもスムーズにプレイできます。テレビゲームをする人にはおすすめの機能です。

また、質感リアライザー機能により立体感・奥行感のある、きめ細やかな質感描写が可能となっています。外付けHDDを接続すれば録画もできて、裏番組録画にも対応しています。録画番組を個別フォルダに分けて整理することができるので、録画番組の中からお目当ての番組を簡単に探せて便利です。

パナソニック VIERA TH-19G300

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「パナソニック VIERA TH-19G300」です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥32,800 (2020/10/29 14:39:43時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック VIERA TH-19G300の仕様・製品情報

メーカー Panasonic
画面サイズ 19型
外形寸法 幅44.0×高さ32.2×奥行16.3㎝
重さ 約3㎏
解像度 1366×768

パナソニック VIERA TH-19G300のおすすめポイント3つ

  • 2チューナー搭載で裏番組録画対応
  • 一覧表示で見やすい番組表
  • 「音声読み上げ機能」搭載

パナソニック VIERA TH-19G300のレビューと評価・評判

国内最大手メーカーの「IPSパネル&LEDバックライト」搭載の小型テレビ

IPS&LEDバックライトを採用した高品質な液晶パネルを搭載しているので、上下斜め、どの角度から見ても鮮明な発色の映像を楽しむことができます。国内メーカーの製品で見やすく綺麗な映像の小型テレビを探している人に、おすすめです。外付けHDDを接続することで録画も可能となり、裏番組録画にも対応しています。

新聞のテレビ欄のように一覧表示された番組表は、5つのジャンルに色分けされているので、お目当ての番組を探しやすくなっています。番組名や番組情報などを読みあげたり、操作確認音でテレビ操作を手助けしてくれる「音声読み上げ機能」もついています。

【ポータブルタイプ】小型テレビのおすすめ5選

【ポータブルタイプ】小型テレビのおすすめ5選を紹介します。

サンワサプライ ワンセグポータブルテレビ400-1SG005

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「サンワサプライ ワンセグポータブルテレビ400-1SG005」です。

サンワサプライ ワンセグポータブルテレビ400-1SG005の仕様・製品情報

メーカー サンワサプライ
画面サイズ 2.8インチ
外形寸法 幅87.5×高さ120×奥行30㎜(約)
重さ 約137g(電池含まず)
解像度 320×240

サンワサプライ ワンセグポータブルテレビ400-1SG005のおすすめポイント3つ

  • FM/AMラジオも楽しめる
  • 2WAYの給電方法に対応
  • 電池残量が一目でわかる

サンワサプライ ワンセグポータブルテレビ400-1SG005のレビューと評価・評判

コンパクトサイズで、いつでもどこでもテレビを楽しむ

画面は2.8インチと小さいですが、重さが約137gと片手で持てるサイズなので持ち運びに便利です。イヤホン接続もできるので、通勤・通学途中の電車の中でも周りを気にせずテレビを視聴できます。USB常時給電のほか単三乾電池でも使用が可能、ワイドFMにも対応しているため、災害時などには重宝します。

また、液晶画面に電池残量が表示されるので、おおよその残り時間を把握することができます。

初回起動時にテレビ局を自動でサーチしてくれる、オートサーチ機能がついています。裏面にスタンドもあるので、自立も可能です。バッグの中などで電源が不意にONになるのを防ぐ「電源ロック機能」もあり、携帯するのに便利なポーチとストラップが付属しています。

ROOMMATE OT-PT121K

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「ROOMMATE OT-PT121K」です。

created by Rinker
オーバータイム(Over Time)
¥12,180 (2020/10/29 14:39:44時点 Amazon調べ-詳細)

ROOMMATE OT-PT121Kの仕様・製品情報

メーカー ダイアモンドヘッド(株)
画面サイズ 12インチ
外形寸法 幅293×高さ191×奥行32㎜(約)
重さ 約1.0㎏(バッテリー含む)
解像度 1280×800RGB

ROOMMATE OT-PT121Kのおすすめポイント3つ

  • フルセグチューナー内蔵 自動切り替え
  • 地デジの録画が可能
  • 車載用バッグ付き

ROOMMATE OT-PT121Kのレビューと評価・評判

3WAYスタイルで場所を選ばないポータブルテレビ

充電バッテリーを搭載し、吊り下げ・スタンド置き・車載の3way仕様なので、どこでもテレビを視聴できます。フルセグチューナーを内蔵しており、電波の状況でワンセグとフルセグを自動切り替えしてくれます。8日分のEPG番組ガイドで番組情報を確認することもできます。

USBスロットル搭載なので、USBメモリなどに地デジの録画ができ、音楽や映像ファイルの再生もできます。AC・DC・充電バッテリー搭載の3電源式で、車載用バッグも付属しているので便利です。

東芝 REGZA 10WP1

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「東芝 REGZA 10WP1」です。

東芝 REGZA 10WP1の仕様・製品情報

メーカー 東芝
画面サイズ 10.1インチ
外形寸法 幅262×高さ186×奥行78㎜
重さ 約1.2㎏
解像度 1366×768
防水性能 IPX5相当
防塵性能 IP5X相当

東芝 REGZA 10WP1のおすすめポイント3つ

  • 家の中でも外でもテレビが楽しめる
  • 防水・防塵対応
  • 40㎜大口径スピーカー

東芝 REGZA 10WP1のレビューと評価・評判

IPSパネル搭載で家族みんなでテレビを楽しむ

広視野角のIPSパネルを搭載しているので、複数人で画面を眺めても綺麗な映像が楽しめます。さらに解像度1366×768の高精細液晶なので、小さな文字までくっきりと見えます。家の中ではアンテナに接続してフルセグ放送、外では内蔵のロッドアンテナを使用してワンセグ放送が視聴できます。防水性能に加えて防塵性能もついているので、アウトドアで使いたい人におすすめです。

40㎜大口径の高出力スピーカーを搭載しているので、キッチンやお風呂などの生活音の中でもクリアに聞き取ることができます。また、スマホなどBluetooth対応機器に保存した音楽を再生することが可能、スマホで再生するよりも高音質&迫力あるサウンドを楽しむことができます。

シャープ AQUOS 2T-C16AP

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「シャープ AQUOS 2T-C16AP」です。

シャープ AQUOS 2T-C16APの仕様・製品情報

メーカー SHARP
画面サイズ 16インチ
外形寸法(モニター部) 幅388×高さ258×奥行75~170㎜
重さ(モニター部) 約1.36㎏
解像度 1920×1080
防水性能 IPX6/7相当

シャープ AQUOS 2T-C16APのおすすめポイント3つ

  • 「防水フロントサウンドシステム」採用
  • 「スリムハンドルスタンド」で持ち運びラクラク
  • 簡単操作のタッチパネル採用
のレビューと評価・評判

フルハイビジョン液晶で広視野角。どこに置いてもクリアな高画質。

色鮮やかで精細な高画質液晶パネルを搭載し上下左右に広い視野角なので、どこに置いても角度調整を気にする必要がありません。音のこもりやすい浴室でも聞き取りやすいように、前向き構造で高音質設計の防水スピーカーを採用しています。画面には「撥水コーティング」が施してあるので、汚れにくくお手入れしやすくなっています。

持ちやすいスリムな形状のハンドルスタンドを採用し、持ち運びしやすく置き場所に困りません。インターネットにも接続可能で、レシピ検索しながら料理することもできます。

500GBのハードディスクを内蔵しており、裏番組録画にも対応しています。画面に触れて操作ができるタッチパネルを採用しているので、指一本で快適に操作ができます。

パナソニック VIERA UN-15TD9

次に紹介するおすすめの小型テレビは、「パナソニック VIERA UN-15TD9」です。

パナソニック VIERA UN-15TD9の仕様・製品情報

メーカー Panasonic
画面サイズ 15インチ
外形寸法(モニター部) 幅382×高さ253×奥行36.1㎜
重さ(モニター部) 約1.5㎏
解像度 1354×760
防水性能 IPX6/7相当

パナソニック VIERA UN-15TD9のおすすめポイント3つ

  • モニター部は中性洗剤でまるごと洗える
  • 500GBハードディスク内蔵で2番組同時録画が可能
  • タッチパネル採用で簡単操作

パナソニック VIERA UN-15TD9のレビューと評価・評判

録画番組・動画配信サービス・ブルーレイ鑑賞も楽しめるオールインワン

チューナー部にディスクドライブを搭載しているので、レンタルや市販のブルーレイソフトなどをワイヤレスで鑑賞できます。また、チューナー部を他の据え置きタイプのテレビと接続すれば、ブルーレイディスクプレーヤーとしても使用できます。内蔵のハードディスクは2番組同時録画が可能なので、見たい番組が重なった時でも心配いりません。

インターネットに接続してYouTubeやhuluなどの動画配信サービスを楽しむこともできます。スマホで見つけたYouTubeの動画をキャストして、モニター部の大きな画面で見ることもできます。

お風呂での使用はもちろん、キッチンで油がはねたり食材の汚れが付着しても、薄めた食器用中性洗剤で洗い流すことができます。タッチパネルを採用しているので、画面にタッチするだけで基本操作が行えます。

小型テレビのまとめ

セカンドテレビやプライベート用、持ち運び用と様々な用途のある小型テレビは、近年人気が高まっています。海外メーカーなども参入し、性能や価格面などで選択肢が増えています。

比較的リーズナブルな小型テレビですが、それでも簡単に買い替えのできるようなものではありません。設置場所や使用する場所、どんな目的や用途で必要なのかなど、前もって考えておきましょう。そうすれば、最低限必要な性能や機能などがはっきりしてきます。自分の「使いたい」に合ったテレビを、ぜひ探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です