ハンコンおすすめ最強10選。機能・性能も解説

PS4、Xbox One、PCに対応したハンコンを多数ご紹介します。

初心者向けやドライビングゲーム向けの価格が安いハンコンから、ハードなレーシングゲームに向いているプロ仕様のハンコンの中からあなたに合ったハンコンがきっと見つかるはずですよ。

またハンコンの注目したい機能や選ぶ際の注意点にも触れていますから、ハンコンを購入する予定の人は是非参考にしてくださいね。

ハンコンの注目したい機能・性能

ハンコンの注目したい機能・性能を3つ解説します。

ハンコンの注目したい機能・性能3つ
  • FFB機能
  • ステアリング可動域
  • オプションパーツの可否

FFB機能

FFB機能とは、凹凸の激しい路面を走行した際、ハンドルに反動が伝わる機能のことです。よりリアルな走行を楽しみたい場合や、路面の状況を直感的に判断したい場合にFFB機能があると便利。

FFB機能を搭載したハンコンは価格が高い傾向にあるため、とりあえずハンコンを使ってみたいという人は気にする必要はありません。

ステアリング可動域

ステアリング可動域とはハンドルがどのくらいの角度まで対応しているかのことです。

より広いステアリング可動域を搭載したハンコンは自由な走行を楽しめるため、制限を気にせずドライビングゲームやレーシングゲームを楽しみたい人はステアリング可動域が広いハンコンを選ぶといいでしょう。

ハードなレーシングゲームをプレイしたい人はとくに注目したい機能です。覚えておきましょうね。

オプションパーツの可否

ハンコンにはさまざまなオプションパーツを取り付けることができます。

しかしハンコンによってはオプションパーツの取り付けができないものもあるため、将来的に拡張したい人はオプションパーツの取り付け可能なハンコンを選びましょう。

専用のスタンドやシフトを取り付けた自分だけのハンコンでのプレイはやみつきになること間違いなしです。

ハンコンの選び方

ハンコンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

ハンコンの選び方3つ
  • ライセンスの有無
  • 静音性で選ぶ
  • ペダルの数で選ぶ

ライセンスの有無

ハンコンを据え置きゲーム機に接続するなら、そのゲーム機のライセンスがついたハンコンを選ぶことをおすすめします。

もちろんライセンスなしのハンコンでも十分にゲームを楽しめるものの、システムソフトウェアアップデートや対応しているゲームソフトの種類などに違いがあり、長く使い続けるならライセンスつきのハンコンを選ぶべきです。

静音性・耐久性で選ぶ

ハンコンを選ぶなら静音性や耐久性にも着目しましょう。

ハードなレーシングゲームをプレイすると、フットペダルの操作音が騒音になる可能性があるからです。集合住宅に住んでいる人は静音性が高いハンコンを。

またハンドリング操作が荒い人はパーツの消耗が激しいため耐久性が高いハンコンをおすすめしますよ。

ペダルの数で選ぶ

カジュアルなドライビングゲームなら2ペダルのハンコン、ハードなレーシングゲームなら3ペダルのハンコンをおすすめします。

またフットペダルだけでなくフットレストにも違いがあり、中には折りたたみ可能で収納しやすいフットレストを搭載したハンコンも。

プレイするゲームの種類やライフスタイルに合わせてハンコンを選んでくださいね。

ハンコンのおすすめ10選

ハンコンのおすすめ10選を紹介します。

Thrustmaster T300RS GT EDITION

最初に紹介するおすすめのハンコンは、「Thrustmaster T300RS GT EDITION」です。

Thrustmaster T300RS GT EDITIONの仕様・製品情報

質量 7.7 Kg
サイズ 27 x 34.5 x 30 cm
ステアリング可動域 270°〜1080°
ペダル数 3ペダル
PS4ライセンス あり

Thrustmaster T300RS GT EDITIONのおすすめポイント3つ

  • PS4/PS3ライセンス商品
  • 3ペダルで快適な走行を実現
  • 高級感のあるラバーコーティング

Thrustmaster T300RS GT EDITIONのレビューと評価・評判

価格が高いその価値はある!PS4ライセンスつきのハンコン

Thrustmaster T300RS GT EDITIONは、2019年10月19日時点でのAmazonの実売価格50,289円と、初めてハンコンを買う人にとってはなかなか手が出ない価格かもしれません。

でも、その価格の価値はあります。PS4ライセンス商品であることはもちろん、ホール効果精密技術「H.E.A.R.T.」を搭載でよりリアルな走行を実感できるはず。

「1代目のハンコンが壊れたから次はワンランク上のハンコンが欲しい」という人におすすめする商品ですよ。

Thrustmaster T150 PRO Force Feedback Racing Wheel

次に紹介するおすすめのハンコンは、「Thrustmaster T150 PRO Force Feedback Racing Wheel」です。

created by Rinker
ThrustMaster
¥47,954 (2020/10/24 04:20:01時点 Amazon調べ-詳細)

Thrustmaster T150 PRO Force Feedback Racing Wheelの仕様・製品情報

質量 3.5kg
サイズ 27 x 29.5 x 30.5 cm
ステアリング可動域 1080°
ペダル数 2ペダル
PS4ライセンス あり

Thrustmaster T150 PRO Force Feedback Racing Wheelのおすすめポイント3つ

  • 最大3回転まで可動するステアリングで快適な走行
  • コントローラーの持ち替えいらず
  • PS4ライセンス商品だから長く使い続けられる

Thrustmaster T150 PRO Force Feedback Racing Wheelのレビューと評価・評判

ここに商品のキャッチコピーを記入

Thrustmaster T150 PRO Force Feedback Racing Wheelは、フルメタル製大型パドルシフトでよりリアルなドライビングを楽しめるおすすめのハンコンです。

もちろんPS4ライセンス商品だから長く使い続けられるだけでなく、操作ボタンつきでコントローラーの持ち替えがいらない点も嬉しいポイント。

価格は少し高く感じるかもしれませんが、よりリアルな走行を楽しみたい人にはおすすめの商品ですよ。

Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000d

次に紹介するおすすめのハンコンは、「Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000d」です。

Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000dの仕様・製品情報

質量 7.7kg
サイズ 44 x 33.5 x 31.5 cm
ペダル数 3ペダル
PS4ライセンス なし

Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000dのおすすめポイント3つ

  • 2年間のメーカー保証つきだから初期不良やパーツの消耗も安心
  • フィードバックモニター搭載
  • 滑らかなステアリング操作

Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000dのレビューと評価・評判

2年間のメーカー保証が魅力のハンコン

Logicool G ステアリングコントローラー LPRC-15000dは、2年間のメーカー保証がついたハンコンです。初期不良での本体交換はもちろん、2年以内であればパーツの消耗が原因の故障にもきちんと対応してもらえます。

ハンコンは精密機器である以上どうしても壊れやすいものですから、メーカー保証の有無で選ぶのも1つの手ですよ。

ワイヤレスレーシングホイールエイペックス

次に紹介するおすすめのハンコンは、「ワイヤレスレーシングホイールエイペックス」です。

created by Rinker
ホリ
¥13,170 (2020/10/24 04:20:10時点 Amazon調べ-詳細)

ワイヤレスレーシングホイールエイペックスの仕様・製品情報

質量 12.8kg
サイズ 77 x 48 x 16 cm
ステアリング可動域 270°
ペダル数 2ペダル
PS4ライセンス あり

ワイヤレスレーシングホイールエイペックスのおすすめポイント3つ

  • ワイヤレスだから煩わしいコードに邪魔されない
  • ライセンスつきだから長く使い続けられる
  • 折りたたみ可能なフットレストで収納しやすい

ワイヤレスレーシングホイールエイペックスのレビューと評価・評判

ワイヤレス接続のPS4ライセンスハンコンならこれ!

ワイヤレスレーシングホイールエイペックスは、煩わしいコードにドライビングを邪魔されないワイヤレス接続が可能。

フットペダルとステアリングユニット間の接続は有線接続であるものの、場所を選ばずにゲームを楽しめるのは魅力ですよね。

またPS4ライセンスつきの商品だから突然のシステムソフトウェアアップデートも安心。
本格的なレースゲームには向かないもののカジュアルなドライビングゲームにはおすすめのハンコンですよ。

Racing Wheel Apex

次に紹介するおすすめのハンコンは、「Racing Wheel Apex」です。

created by Rinker
ホリ
¥13,170 (2020/10/24 04:20:11時点 Amazon調べ-詳細)

Racing Wheel Apexの仕様・製品情報

質量 499g
ステアリング可動域 270°
PS4ライセンス あり

Racing Wheel Apexのおすすめポイント3つ

  • PS4ライセンス商品
  • ステアリング可動域を180°〜270°まで変更可能
  • 有線接続だから遅延を感じにくい

Racing Wheel Apexのレビューと評価・評判

RWAの有線タイプ

Racing Wheel Apexは、別商品である「ワイヤレスレーシングホイールエイペックス」の有線タイプ。入力の遅延を感じにくいため、ワイヤレスタイプと比べて本格的なレーシングゲームに向いています。

その他にも路面の状況を瞬時に判断できる振動機能やグリップ力を高めたラバーグリップ、コンパクトで収納しやすいフットレストなど、魅力はたくさんあります。

本格的なハンコンと比べるとお財布に優しい価格だから1台目のハンコンとしておすすめしますよ。

PXN-V3IIB レーシングホイール ハンドルコントローラー

次に紹介するおすすめのハンコンは、「PXN-V3IIB レーシングホイール ハンドルコントローラー」です。

PXN-V3IIB レーシングホイール ハンドルコントローラーの仕様・製品情報

質量 2.4kg
サイズ 26x32x24.5cm
ステアリング可動域 180°
ペダル数 2ペダル
PS4ライセンス なし

PXN-V3IIB レーシングホイール ハンドルコントローラーのおすすめポイント3つ

  • お財布に優しい価格で1台目のハンコンにぴったり
  • PS4/PCに対応
  • 吸盤/クランプによる机設置どちらもOK

PXN-V3IIB レーシングホイール ハンドルコントローラーのレビューと評価・評判

価格が安い初心者用のハンコン

PXN-V3IIB レーシングホイール ハンドルコントローラーは6,000円程度で購入できるハンコンです。お財布に優しい価格とシンプルな機能は初心者向けのハンコンと言えるでしょう。

ボタン操作が必要な選択画面ではPS4純正のコントローラーが必要であること、ステアリング可動域が180°までであることなど様々な制限はあるものの、「とりあえずハンコンを使ってみたい!」という人にはおすすめできる商品ですよ。

ロジテック feileng ハンドルコントローラー

次に紹介するおすすめのハンコンは、「ロジテック feileng ハンドルコントローラー」です。

ロジテック feileng ハンドルコントローラーの仕様・製品情報

ステアリング可動域 180°
ペダル数 2ペダル
PS4ライセンス なし

ロジテック feileng ハンドルコントローラーのおすすめポイント3つ

  • 折りたたみ可能なフットレスト
  • お財布に優しい価格
  • ハンドルのボタンでコントローラーいらず

ロジテック feileng ハンドルコントローラーのレビューと評価・評判

機能を限界まで削ぎ落としたシンプルなハンコン

ロジテック feileng ハンドルコントローラーはカジュアルなドライビングゲームに適したシンプルなハンコンです。機能を限界まで削ぎ落としているためハンコン初心者や、とりあえず使えるハンコンが欲しいという人におすすめですよ。

フットレストは折りたたみ可能だから収納しやすく場所をとらない点も魅力的です。

Thrustmaster TS-XW Racer SPARCO P310 Competition Mod

次に紹介するおすすめのハンコンは、「Thrustmaster TS-XW Racer SPARCO P310 Competition Mod」です。

created by Rinker
ThrustMaster
¥118,692 (2020/10/24 04:20:13時点 Amazon調べ-詳細)

Thrustmaster TS-XW Racer SPARCO P310 Competition Modの仕様・製品情報

質量 12.6kg
サイズ 53 x 38 x 32 cm
ステアリング可動域 270°〜1080°
ペダル数 3ペダル
PS4ライセンス なし

Thrustmaster TS-XW Racer SPARCO P310 Competition Modのおすすめポイント3つ

  • 高価格帯のプロ向けハンコン
  • シフト追加・ホイール交換など拡張OK
  • Xbox One/PC対応

Thrustmaster TS-XW Racer SPARCO P310 Competition Modのレビューと評価・評判

大会出場者も愛用のプロ向けハンコン

Thrustmaster TS-XW Racer SPARCO P310 Competition Modは、Xbox One、PCに対応したプロ向けのハンコンです。初めてハンコンを購入する人にとっては驚くくらい価格が高いものの、その機能の豊富さにも驚くはず。

またSparco社レーシングステアリングホイール「P310」のレプリカを装着している点もファンにとってはたまらないはず。

「ゆくゆくは高価格帯のハンコンが欲しい」「大会に出場したい」という人は候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

Ferrari 458 Spider Raching Wheel

次に紹介するおすすめのハンコンは、「Ferrari 458 Spider Raching Wheel」です。

created by Rinker
ThrustMaster
¥38,334 (2020/10/24 04:20:13時点 Amazon調べ-詳細)

Ferrari 458 Spider Raching Wheelの仕様・製品情報

ステアリング可動域 270°〜1080°
ペダル数 3ペダル
PS4ライセンス なし

Ferrari 458 Spider Raching Wheelのおすすめポイント3つ

  • フェラーリ458スパイダーの7/10レプリカを採用
  • フェラーリオフィシャルライセンス商品
  • 広いフットレストで快適にレーシングできる

Ferrari 458 Spider Raching Wheelのレビューと評価・評判

フェラーリ好きにはたまらないXbox向けのハンコン

Ferrari 458 Spider Raching WheelはXbox One向けのハンコンです。フェラーリをモデルにしたステアリングはファンにとってたまらないはず。

もちろん機能も豊富でカジュアルなドライビングゲームからハードなレーシングゲームまで幅広く楽しめるはずですよ。

グッと目をひく赤のグリップも使い続けるうちに愛着が湧くこと間違いなし。

Thrustmaster T300 Ferrari Integral Racing Wheel Alcantara Edition

次に紹介するおすすめのハンコンは、「Thrustmaster T300 Ferrari Integral Racing Wheel Alcantara Edition」です。

Thrustmaster T300 Ferrari Integral Racing Wheel Alcantara Editionの仕様・製品情報

ステアリング可動域 270°〜1080°
ペダル数 3ペダル
PS4ライセンス あり

Thrustmaster T300 Ferrari Integral Racing Wheel Alcantara Editionのおすすめポイント3つ

  • フェラーリオフィシャルライセンス商品
  • フェラーリ599XX EVOを再現
  • PS4対応

Thrustmaster T300 Ferrari Integral Racing Wheel Alcantara Editionのレビューと評価・評判

PS4対応のフェラーリライセンスハンコン

Thrustmaster T300 Ferrari Integral Racing Wheel Alcantara Editionはフェラーリライセンスつきのハンコンです。フェラーリ599XX EVOを再現したステアリングはファンにとってたまらないはず。

静音性と耐久性に優れたデュアルベルトシステム、フルメタル仕様のフットペダルなどの機能も充実しています。

フェラーリをモデルにしたPS4のハンコンが欲しい人はこの商品一択なのではないでしょうか。

ハンコンのまとめ

今回はハンコンの選び方や注目したい機能性、さまざまな価格帯のハンコンのおすすめをご紹介しました。ハンコンの価格はピンからキリまで幅広いです。自分に合った機能性のハンコンを見つけて長く愛用できるものを見つけてくださいね。

きっと今までのドライビングとは比べ物にならないほどの快適さを実感できるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です