ツムツムにおすすめのタッチペンを紹介!注目の機能や選び方についても解説

ツムツム タッチペン
ツムツムをプレイしていると、タッチペンを使えばもっと高得点を出したりできるのではないかとか、爪を伸ばしていたり、冬場など指が乾燥している場合タッチしても画面が反応しないのでタッチペンがあればなぁと思うことがあると思います。

AibowやSu-Pen などのタッチペンはツムツムをプレイするのに大変便利でおすすめです。

ペン先が交換可能なタイプのタッチペンは100円均のタッチペンよりコストパフォーマンスが高く使い心地も良いものがあるので是非試してみましょう。

ツムツムに最適なタッチペンとは

疑問

ツムツムに最適なタッチペンとは、ペン先に滑りが良い導電繊維を使用していたり、ペン先が交換可能できるタイプのものが基本的におすすめです。

導電繊維タイプのタッチペン以外に、ペン先がゴム製のタッチペンや、ペン先に透明なディスクが付いているタイプのタッチペンがあります。

これらは製品により、イラスト等の細かい操作がしたい場合などは便利ですが、ツムツムのような素早い動きが必要とされるゲームにはあまり向いていません。(ゴム製やディスクタイプの方がペン先が安定していて使いやすいという人も多いです。)

またスマホの画面に分厚い液晶保護フィルなどを貼っている場合、たまにタッチペンの反応が良くない場合があります。

そういう時はペン先の感度を調整できるタッチペンがおすすめです。

ツムツム用タッチペンの注目したい機能・性能

ポイント

ツムツム用タッチペンの注目したい機能・性能を3つ解説します。

ツムツム用タッチペンの注目したい機能・性能3つ
  • 先端素材
  • ペン先交換機能
  • その他感度調整機能など

ペン先素材

ツムツム用に適したタッチペンにはいくつかの種類がありますが、ツムツムをプレイする際に最もおすすめなのは導電繊維タイプのタッチペンです。

導電繊維タイプのタッチペンとはペンの先端にスポンジのようなものが付いた種類のタッチペンのことです。

ツムツム用のタッチペンは、素早い動きが要求されることが多いため、ペン先の滑りが良いことが一番大切ですが、この点導電繊維タイプのタッチペンは先端の滑りが良いためハイスコアを狙う際には指よりも扱いやすいでしょう。

他にもゴム製のタッチペンやのペン先にプラスチックの円盤が付いたタイプのタッチペンがありますが、ツムツムをプレイする際に必要とされる素早い操作に適していなかったり、画面をタッチする際にカツカツと音を立ててしまったり、画面に細かい傷がついてしまったりするので、基本的にツムツムには導電繊維タイプのタッチペンをおすすめします。

ペン先交換機能

ツムツム用のタッチペンはペン先が交換可能なことも大切な要素です。

100円程度のタッチペンでは初めは滑りが良くても使用頻度によっては一週間も経たない内にペン先が磨耗して使い物にならなくなってしまいます。

導電繊維タイプのタッチペンは交換用のペン先が売られていたり、商品自体に替えのペン先が付属していたりするのでおすすめです。

その他細かい機能

他にもツムツム用のタッチペンには一般的なタッチペンより高感度を謳う感度調整機能を持ったタイプや、タッチペンのサイズが小さめな携帯用、充電式や電池で動くタイプのものなど数多くの種類があります。

ツムツムに使用するならシンプルな導電繊維タイプのタッチペンが一番扱いやすいと思いますが、他のさまざまな種類のタッチペンが気になる人は、下記の”ツムツムにおすすめのタッチペン人気5選”にて評判の良いタッチペンのみをセレクトしたので是非ご覧ください

ツムツム用タッチペンの選び方

タッチペン 選び方

ツムツム用タッチペンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

ツムツム用タッチペンの選び方3つ
  • ペン先の滑りの良さ
  • ペン先交換が可能
  • その他:色々な機能や使いやすさ

ペン先の滑りの良さ

ツムツムを始めとするゲーム等には素早い動作が必要になってくるので、
ペン先素材が導電繊維タイプのタッチペンのものが、ペン先の滑りが良いためおすすめです。

導電繊維のペン先はプラスチックやゴムとは違い、ペン先が繊維で出来ているため画面を傷つけにくい・汚しにくいというメリットもあります。

ただし人によってはゴム製やペン先にプラスチックの透明な円盤が付いたタイプのタッチペンの方がホールド力があって扱いやすいという人もいます。

またツムツム以外の用途にもタッチペンを使用することを考えるならゴムや先端にプラスチックの円盤が付いたタッチペンもおすすめです。

素早い動作には適していませんが正確に動かせるのでメモやイラストなどはこちらの方が適している場合があります。

ペン先交換が可能

ツムツムをプレイしているとペン先が結構な速さで磨耗していくので、ペン先が交換可能であることは大切です。

製品によってはペン先が交換できないこともあり、使い捨てになってしまうのでコストパフォーマンスが良くありません。

100均のタッチペンをまとめ買いして使い捨てながらプレイするという方法もありますが、それよりはAibowなどのタッチペンを購入してペン先を交換した方が安い上に使い心地も良いのでおすすめです。

その他:色々な機能や使いやすさ

タッチペンは色々な種類のものが売られています。

例えば、片方のペン先は導電繊維タイプでもう片方はプラスチックの2Wayタイプのタッチペン、長さが短いものや長いもの、ペン先の感度が調整可能なもの、電池で動く先端が極細タイプのタッチペンなど、自分のスタイルに合わせたタッチペンを考えて選びましょう。

ツムツムにおすすめのタッチペン人気5選

ツムツムにおすすめのタッチペンを5選紹介していきます。

aibow タッチペン 3本+ペン先3個 6mm

最初に紹介するツムツムにおすすめのタッチペンは、「aibow タッチペン 3本+ペン先3個 6mm」です。

aibow タッチペン 3本+ペン先3個 6mmの仕様・製品情報

ペン先素材 導電繊維
ペン先の滑り
ペン先交換の有無 交換可能
ペン先サイズ 6mm
サイズ・重量 全長約13.4cm、重量約13g
電池 不要

aibow タッチペン 3本+ペン先3個 6mmのおすすめポイント3つ

  • 導電ファイバーを使用した滑りの良いペン先
  • 実質1本100円の高いコストパフォーマンス
  • 定番のAibow製

aibow タッチペン 3本+ペン先3個 6mmのレビューと評価・評判

定番のツムツム用おすすめタッチペン

この”aibow タッチペン”はペン先に導電繊維を採用したツムツム用に最適なおすすめのタッチペンです。

3色のカラーのペンが3本にペン先3個が付いて約900~1000円ほどなので実質的に1本100円のタッチペンと変わらない高いコストパフォーマンス持っています。

またペン先交換に対応していて、別売りのペン先を購入しペン先を交換することもできます。

価格が安く、長時間使ってもペン先を交換出来るので、コストパフォーマンスの高いタッチペンを求めている方におすすめです。

交換用のペン先はこちら↓

Su-Pen P201S-T9NR タッチペン

次に紹介するツムツムにおすすめのタッチペンは、「Su-Pen P201S-T9NR タッチペン」です。

Su-Pen P201S-T9NR タッチペンの仕様・製品情報

ペン先素材 導電繊維
ペン先の滑り
ペン先交換の有無 交換可能
ペン先サイズ 8mm
サイズ・重量 長さ10.2cm(筆記時11.9cm)/重さ 17.8g
電池 不要

Su-Pen P201S-T9NR タッチペンのおすすめポイント3つ

  • 特殊な導電繊維を使用した高品質なタッチペン
  • お洒落なデザイン
  • ペン先を守るタートルガード機構

Su-Pen P201S-T9NR タッチペンのレビューと評価・評判

高品質な導電繊維を使用した扱いやすいタッチペン

Su-Penは株式会社MetaMoJiが製造販売する、ペン先に特殊な導電繊維を使用した高級タッチペンです。

書き味を追求して設計されており、通常のタッチペンより優れた描き心地を味合わせてくれるでしょう。

またペン先を保護するためのタートルガード機構を搭載しており、ポケットに入れていてもペン先が傷つきません。

洗練されたデザインの高品質なタッチペンを求めている方におすすめです。

交換用のペン先はこちら↓

エレコム タッチペン 2WAYモデル 導電繊維 & ディスク PWTP2WY01BK

次に紹介するツムツムにおすすめのタッチペンは、「エレコム タッチペン 2WAYモデル 導電繊維 & ディスク PWTP2WY01BK」です。

エレコム タッチペン 2WAYモデル 導電繊維 & ディスク PWTP2WY01BKの仕様・製品情報

ペン先素材 導電繊維・ポリカーボネートディスク(2WAY)
ペン先の滑り
ペン先交換の有無 交換可能
ペン先サイズ 導電繊維6mm ディスク7mm
サイズ・重量 長さ約142.5mm×ペン径約9.5mm
電池 不要

エレコム タッチペン 2WAYモデル 導電繊維 & ディスク PWTP2WY01BKのおすすめポイント3つ

  • 導電繊維タイプのペン先とディスクタイプのペン先を持った2Wayタッチペン
  • ゲームにもイラストにも使える
  • 両方のペン先共に交換が可能

エレコム タッチペン 2WAYモデル 導電繊維 & ディスク PWTP2WY01BKのレビューと評価・評判

様々な場面で便利な2Wayタイプのタッチペン

“エレコム 2WAYモデル タッチペン PWTP2WY01BK”は片方のペン先に導電繊維、もう片方のペン先にディスクタイプのペン先が付いていて、さまざまな用途に利用できます。

滑りが良い導電繊維のペン先がゲームに、細かな操作が可能なディスクタイプのペン先はイラストに使用するなどの使い分けができる点がおすすめのポイントです。

ペン先は両方共に交換が可能で、付属のペン先以外にエレコムの別売りのペン先と交換が可能です。

ツムツムをプレイする以外にもイラストを描くなどもしたい方におすすめです。

B&D ペン先交換式タッチペン 2in1

次に紹介するツムツムにおすすめのタッチペンは、「B&D ペン先交換式タッチペン 2in1」です。

B&D ペン先交換式タッチペン 2in1の仕様・製品情報

ペン先素材 ゴム
ペン先の滑り
ペン先交換の有無 交換可能
ペン先サイズ 4.5mm/6mm
サイズ・重量 長さ:140mm/ペン本体直径9.5mm
電池 不要

B&D ペン先交換式タッチペン 2in1のおすすめポイント3つ

  • 扱いやすいゴムのペン先を持つタッチペン
  • ペン先が交換可能
  • 高いコストパフォーマンス

B&D ペン先交換式タッチペン 2in1のレビューと評価・評判

ゴム製のペン先のタッチペンならこれが一番

この”B&D タッチペン”はゴム製の交換可能なペン先を持つ、コストパフォーマンスの高いタッチペンです。

ゴム製のペン先のため滑りの良さは期待できませんが、その代わり安定感があるので、ゲーム、イラスト、メモなど幅広い用途に使用できます。

ペン先がゴム製なので磨耗しやすい点は注意が必要です。

ただ交換用のペン先が多めに付属しているのでその点は特に気にしなくても良さそうです。

導電繊維タイプのタッチペンはペン先の滑りが良すぎるという方にはこのB&D ペン先交換式タッチペンがおすすめです。

サンワサプライ 電池式極細タッチペン PDA-PEN41BK

最後に紹介するツムツムにおすすめのタッチペンは、「サンワサプライ 電池式極細タッチペン PDA-PEN41BK」です。

サンワサプライ 電池式極細タッチペン PDA-PEN41BKの仕様・製品情報

ペン先素材 プラスチック(POM樹脂)
ペン先の滑り
ペン先交換の有無 交換可能
ペン先サイズ 2.0mm
サイズ・重量 長さ/137.4mm 直径/12.8mm
電池 単四1本(アルカリ、ニッケル水素対応)

サンワサプライ 電池式極細タッチペン PDA-PEN41BKのおすすめポイント3つ

  • ペン先の太さが2.0mmの極細タッチペン
  • ペン先感度調整機能付き
  • 高性能な電池式

サンワサプライ 電池式極細タッチペン PDA-PEN41BKのレビューと評価・評判

ペン先感度の調整が可能な高性能タッチペン

“サンワサプライ 電池式極細タッチペン PDA-PEN41BK”はペン先の太さが僅か2.0mmの極細電池式タッチペンで、ペン先の感度調整機能などを持つ高性能なタッチペンです。

感度調整機能や極細のペン先のおかげでゲーム以外にもイラスト等のさまざまな用途に使用できます。

ペン先が細いため画面が見やすくツムツムにおすすめです。感度の調整が可能なため、分厚い液晶保護フィルムなどを貼っていても特に問題なく利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です