Razerのキーボードおすすめ最強10選

Razerのおすすめキーボードを入門機におすすめのBlackwidow緑軸からプロ向けの高耐久モデルOrnataまで幅広くご紹介します。またワイヤレス接続やメディアコントロール機能、パームレスト付属など+αの機能、性能にも注目しています。

初めてのメカニカルキーボードを選ぶ人は是非参考にしてくださいね。

Razerのキーボードの魅力

Razerのキーボードの魅力は、ゲーマー向けに最適化された機能や性能を搭載しており、世界でもトップのシェアを誇っている点です。

スローガン「For Gamers. By Gamers.(ゲーマーによるゲーマーに向けた製品)」の通り幅広いゲーマーから愛されているメーカーなのです。初めてゲーミングキーボードを購入する場合はRazerのキーボードを選んでおいて間違いはないでしょう。

Razerのキーボードの軸の違いとは

Razerのキーボードにはさまざまな軸の種類があり、打鍵音や打鍵感、反応性にそれぞれ違いがあります。最も人気の軸はグリーンスイッチと呼ばれる緑軸でカチカチとしたしっかりめの打鍵感と小気味いい打鍵音が特徴です。

黄軸は緑軸より打鍵感は劣るものの静音性に優れており価格帯は高め。Razerオリジナルのオレンジスイッチは緑軸と黄軸の間の打鍵感と静音性です。

Razerのキーボードの選び方

Razerのキーボードの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

Razerのキーボードの選び方3つ
  • 軸の種類で選ぶ
  • 防水・防塵性で選ぶ
  • テンキーの有無で選ぶ

軸の種類で選ぶ

Razerのゲーミングキーボードは軸の種類を選べるメカニカルキーボード。選ぶ軸によっては打鍵感や打鍵音に違いがあり、長く使う上で重視すべきポイントです。

初めてRazerのキーボードを購入する場合はRazerオリジナルの緑軸・オレンジ軸のキーボードがおすすめ。打鍵感と静音性を天秤にかけて自分に合った軸を選んでくださいね。

防水・防塵性で選ぶ

ゲームのプレイ中にうっかり飲み物をこぼしてしまったら焦りますよね。Razerにはそんな飲みながら・食べながらゲームをプレイするゲーマーのために、防水・防塵性に優れたキーボードも販売していますよ。

せっかく高いお金をかけてキーボードを買うなら防水・防塵性にも着目しておくことをおすすめします。

テンキーの有無で選ぶ

数字を入力する機会が多い場合はテンキーありを、テンキーレスのキーボードでデスクを広く使いたい場合はテンキーレスのキーボードを選びましょう。FPSなど複数デバイスを使ってプレイするゲームはデスクスペースに余裕を持ちたいためテンキーレスがおすすめです。

ゲームだけでなく日常使いとしてのキーボードを探している人はテンキーの配置やデザインにも着目してみてはいかがでしょうか。

Razerのキーボードのおすすめ10選

Razerのキーボードのおすすめ10選を紹介します。

Razer Blackwidow Green Switch

最初に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer Blackwidow Green Switch」です。

Razer Blackwidow Green Switchの仕様・製品情報

サイズ 16.6 x 44.6 x 4.2 cm
重量 1.25 Kg
緑軸
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer Blackwidow Green Switchのおすすめポイント3つ

  • Razerキーボードの入門機としておすすめ
  • キーライティングはカスタマイズ可能
  • 便利なマクロ機能搭載

Razer Blackwidow Green Switchのレビューと評価・評判

初めてのRazerキーボードはこれ!1万円程度で購入可能

Razer Blackwidow Green Switchの価格は1万円程度。Razerキーボードの入門機としておすすめできますよ。

もちろん魅力は安さだけでなく豊富な機能も。フル制御可能なキーライティングや1度使うと手放せなくなるマクロ機能、入力したキーをそのままの順番で伝えるNキーロールオーバー機能など、ゲーマーにとって嬉しい機能がつまっています。

Razer BlackWidow Elite

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer BlackWidow Elite」です。

Razer BlackWidow Eliteの仕様・製品情報

サイズ 16.4 x 44.8 x 4.23 cm
重量 1.42 Kg
緑・黄・オレンジ軸
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer BlackWidow Eliteのおすすめポイント3つ

  • パームレスト付きだから長時間の使用も手首が疲れない
  • メディアコントロールボタン搭載
  • テンキーレスだからデスクを広く使える

Razer BlackWidow Eliteのレビューと評価・評判

テンキーレスのBlackWindow!音楽コントロールも自由自在

Razer BlackWidow Eliteの特徴は曲の再生・一時停止操作や音量コントロールが可能なボタンに、長時間の使用も手首が疲れないパームレストを搭載している点です。
ゲームでの使い心地はもちろんのこと+αの機能で、今よりもグッと快適になるはず。

打鍵感を左右するスイッチは緑・黄・オレンジ軸の中から好みのスイッチを選べるのもゲーマーにとって嬉しいポイントでしょう。

Razer Cynosa Chroma

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer Cynosa Chroma」です。

Razer Cynosa Chromaの仕様・製品情報

サイズ 3.3 x 45.3 x 17.4 cm
重量 894 g
メンブレン式
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer Cynosa Chromaのおすすめポイント3つ

  • 静音性に優れソフトな打鍵感のメンブレン式キーボード
  • メカニカル式に劣らない反応速度
  • 10キーロールオーバー搭載で素早い入力もOK

Razer Cynosa Chromaのレビューと評価・評判

打鍵感にこだわらないならRazerメンブレンキーボード

Razer Cynosa Chromaは数少ないRazer製メンブレンキーボード。
ソフトな打鍵感と静音性が特徴で、メカニカル式に劣らない反応速度を誇っています。

Razer製キーボードの中でも群を抜いて価格が安いため「かっこいいキーボードが欲しいけど予算は少ない」人にもおすすめですよ。

PCはもちろんPS4やMacにも接続可能だから多方面で活躍してくれること間違いなしです。

Razer Ornata Chroma

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer Ornata Chroma」です。

Razer Ornata Chromaの仕様・製品情報

サイズ 15.3 x 46.3 x 3.1 cm
重量 948 g
メンブレン式
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer Ornata Chromaのおすすめポイント3つ

  • 特許出願中の「メカ・メンブレン」
  • 正確な応答性とソフトな打鍵感を兼ね備えたキーボード
  • 有線/無線で接続可能

Razer Ornata Chromaのレビューと評価・評判

メンブレンとメカニカルのいいとこどり!人気のRazerキーボード

Razer Ornata Chromaはメンブレン式のソフトな打鍵感はそのままに、メカニカル式の正確な応答性をも兼ね備えた、メンブレン式とメカニカル式のいいとこどりをした人気のキーボードです。

キートップは浅めのマット素材だから滑りにくく、また本体付属のパームレストで長時間の使用も手が疲れにくい。

一般的なメンブレン式キーボードでは反応速度に不満があるという人は是非試してみてはいかがでしょうか。

Razer Blackwidow Ultimate 2018

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer Blackwidow Ultimate 2018」です。

Razer Blackwidow Ultimate 2018の仕様・製品情報

サイズ 18 x 44.7 x 4.3 cm
重量 1.35 Kg
緑軸
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer Blackwidow Ultimate 2018のおすすめポイント3つ

  • 耐水・耐塵だから飲みながらのゲームプレイも安心
  • カチカチとした小気味いい打鍵音
  • 素早い入力も正確に伝える10キーロールオーバー搭載

Razer Blackwidow Ultimate 2018のレビューと評価・評判

飲みながら・食べながらのプレイも安心の耐水・耐塵キーボード

Razer Blackwidow Ultimate 2018はIP54相当の耐水・耐塵キーボード。
そのため飲み物を飲みながらのプレイやお菓子を食べながらのプレイをする人におすすめですよ。

またハードにゲームをプレイするなら耐久性も重要。Razer Blackwidow Ultimate 2018は8000万回のキーストロークにも耐える高耐久だから、長く使い続けられる製品と言えるでしょう。

Razerキーボードの魅力である「Razer Synapse」は未対応のため、その点は注意が必要です。

Razer Huntsman

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer Huntsman」です。

Razer Huntsmanの仕様・製品情報

サイズ 14.02 x 44.44 x 3.5 cm
重量 862 g
オプト・メカニカルスイッチ
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer Huntsmanのおすすめポイント3つ

  • 高耐久のスイッチでハードなプレイにも耐える
  • ブラック・ホワイト・ピンクから選べる本体カラー
  • 誤操作を防ぐゲーミングモード搭載

Razer Huntsmanのレビューと評価・評判

耐久性重視のRazerキーボードならこれ!最大1億キーストロークにも耐える

Razer Huntsmanの魅力はなんと言ってもその耐久性。最大1億キーストロークにも耐える高耐久でハードなプレイにもってこいです。また本体カラーはブラック・マーキュリーホワイト・クォーツピンクの3色から選べます。

無難なブラックを選ぶもよし、女性らしいホワイトとピンクでデスク周りをかわいい色に染めるもよしでしょう。

Razer Huntsman Elite

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer Huntsman Elite」です。

Razer Huntsman Eliteの仕様・製品情報

サイズ 23.42 x 44.81 x 3.61 cm
重量 1.71 Kg
オプト・メカニカルスイッチ
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer Huntsman Eliteのおすすめポイント3つ

  • 1億回のキーストロークに耐える耐久性
  • 手が疲れにくいパームレスト付属
  • メディアコントロールボタンで直感的な操作が可能

Razer Huntsman Eliteのレビューと評価・評判

高耐久で手首が疲れにくいプロ向けのオプト・メカニカルキーボード

Razer Huntsman Eliteは、キーに高さがあるHuntsmanにパームレストが付属した商品です。高級感のあるレザー製のパームレストは長時間の仕様も手首が疲れにくいだけでなくデスク周りのデザイン性も高めてくれるでしょう。

直感的に操作できるメディアコントロールボタンや1度使うと手放せないマクロ機能にも注目。
無印のHuntsmanに+αの機能を求める人には特におすすめできる商品ですよ。

Razer BlackWidow Chroma V2

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer BlackWidow Chroma V2」です。

Razer BlackWidow Chroma V2の仕様・製品情報

サイズ 3.9 x 47.5 x 17.1 cm
重量 1.5 Kg
黄軸
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer BlackWidow Chroma V2のおすすめポイント3つ

  • 静音性に優れた黄軸は高級感のある打鍵音
  • Razer Synapseで任意のキーライティングに設定可能
  • 8000万回のキーストロークに耐える耐久性

Razer BlackWidow Chroma V2のレビューと評価・評判

マクロボタンが使いやすい配置の優秀キーボード

Razer BlackWidow Chroma V2のマクロボタンは小指側に配置。だから使用頻度が高いマクロ機能もストレスなく利用できるでしょう。Razer Synapseを用いれば自由自在にキーライティングをカスタマイズできます。もちろん光らせない設定も可能ですよ。

遅延が少なく応答性に優れ、VCや通話などで迷惑にならない打鍵音はプロ向けのキーボードと言えるかもしれませんね。

Razer BlackWidow Ultimate

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer BlackWidow Ultimate」です。

Razer BlackWidow Ultimateの仕様・製品情報

サイズ 17.1 x 47.5 x 3 cm
重量 1.5 Kg
青軸
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer BlackWidow Ultimateのおすすめポイント3つ

  • メカニカル式初心者におすすめのCherry青軸採用
  • 5000万回のキーストロークに耐える耐久性
  • Windowsキーを無効にするゲーミングモード搭載

Razer BlackWidow Ultimateのレビューと評価・評判

現役で活躍する旧モデルのRazerキーボード

Razer BlackWidow Ultimateは旧モデルのキーボード。

そのためキーストロークは5000万回と、最新のRazerキーボードと比べると少し劣るようにも感じますが、マクロ機能やゲーミングモード、万人受けする青軸など、現役で活躍する機能が豊富に搭載されています。

より耐久性を求める場合は先述した新モデルのRazer BlackWidow Ultimateをおすすめします。

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma

次に紹介するおすすめのRazerのキーボードは、「Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma」です。

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chromaの仕様・製品情報

重量 1.58 Kg
緑軸
マクロ機能 あり
バックライト あり

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chromaのおすすめポイント3つ

  • eスポーツのために設計されたプロ向けキーボード
  • ワイヤレス接続可能だからコードが邪魔にならない
  • 本体裏面にケーブル収納スペースあり

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chromaのレビューと評価・評判

大会出場者に嬉しいコンパクトな緑軸キーボード

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chromaの魅力はテンキーレスのコンパクトな本体サイズと裏面にケーブル収納スペースがある点、ワイヤレス接続可能だからデスク周りのインテリア性を追求できる点など、プロゲーマーにとって「かゆいところに手が届く」キーボードでしょう。

もちろんキーライティングはRazer Synapseで自由自在にカスタマイズ可能。自分だけのカスタマイズで愛着が湧くこと間違いなしです。

Razerのキーボードのまとめ

Razerのキーボードは海外製ということもあり、「初期不良にあたった」とのレビューも散見されました。
そんな場合はカスタマーサポートに連絡すれば新品交換の対応をしてもらえますから、初めてRazerのキーボードを購入する人は安心してください。

自分に合った軸のスイッチや耐水・耐塵性、メディアコントロールなど、+αの機能にもしっかり着目しましょう。キーに高さがある場合はパームレストの購入も忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です